ホーム > 法事・供養のあれこれ > お仏具のそろえ方 > 真宗大谷派(お東)の基本的なお飾りの仕方

法事・供養のあれこれ 仏具のそろえ方

真宗大谷派(お東)の基本的なお飾りの仕方

お東では、香炉は青磁土香炉の透し彫り入りを使用し、火立は鶴亀の燭台を使用します。輪灯と瓔珞は一つにまとまった形となり通常は瓔珞をはずし輪灯のみで飾ります。また仏飯(ご飯)は円筒型に高く盛り、ご本尊の前に一対供えます。(仏飯をつくる「盛糟」という専用の道具があります。)吊灯籠は足がまっすぐ伸びた丁足タイプになります。

真宗大谷派(お東)の基本的なお飾りの各部名称

  • (1)火舎香炉
  • (2)華瓶一対
  • (3)お仏供(仏飯器)
  • (4)上卓
  • (5)供笥
  • (6)金灯籠
  • (7)瓔珞
  • (8)輪灯
  • (9)花瓶(花立)
  • (10)鶴亀(ローソク立)
  • (11)土香炉
  • (12)打敷
  • (13)前卓
  • (14)和讃箱
  • (15)和讃卓
  • (16)御文箱
  • (17)キン(リン)
  • (18)リン布団
  • (19)リン台
  • (20)リン棒(17~20はリンセットとして取り扱っております)

※これらのお飾りは基本的なものです。詳しくは、「はせがわ」かお寺様にお尋ねください。

このページに関連する情報のご紹介。

はせがわのお仏具

祈りの空間を豊かにするお道具をご紹介いたします。

はせがわのお葬式

ご家族のご要望に応じて、故人様にふさわしい心のこもったお葬式を創ります。

ご存知ですか? はせがわでは次のようなサービスもご用意しております。

はせがわ銀座ギャラリー

はせがわ銀座ギャラリー

日本屈指の伝統技術工芸を展示しています。はせがわ銀座ギャラリーのご紹介。

お墓のお引越し

お墓のお引越し

全国にネットワークを持つ「お仏壇のはせがわ」だから、全国どこでもお墓のお引越しが可能です。