ホーム > 法事・供養のあれこれ > お仏具のそろえ方 > 浄土真宗の基本的なお飾りの仕方

法事・供養のあれこれ 仏具のそろえ方

浄土真宗の基本的なお飾りの仕方

浄土真宗ではご住職様を「御院家」(ごいんげ)様と言い、檀家・信徒を「門徒」(もんと)、戒名は「法名」(ほうみょう)とする特有の呼称があります。
お仏壇にいたっても「お内仏」(おないぶつ)と称し、ご本尊は本山よりお受けします。
また、浄土真宗ではお位牌はお祀り(まつり)しません。過去帳または法名軸に法名を記入しお内仏に飾ります。
お茶は供えず、お水と青葉を上げる華瓶(けびょう)というお道具をご本尊の手前に一対使い、また餅や落雁(らくがん)を差し上げる御華束(供筍)を一対飾ります。
さらに御宮殿や天井から高貴な方のお飾りをあらわす瓔珞や、昔、菜種油で明かりを灯した輪灯を各一対下げます。

浄土真宗本願寺派(お西)の基本的なお飾りの仕方

お西では、通常お線香を焚く香炉は、青磁(陶製)の土香炉を使用し、花立・火立は色付きのものを使います。
仏飯(ご飯)は丸く高く盛ります。
ご本尊のご面相を照らす、吊灯籠は足が丸くなった猫足のタイプを使います。

浄土真宗本願寺派(お西)の基本的なお飾りの各部名称

  • (1)華蔓
  • (2)戸帳
  • (3)火舎
  • (4)火立(ローソク立)
  • (5)華瓶一対
  • (6)仏飯器
  • (7)仏器台
  • (8)上卓
  • (9)瓔珞
  • (10)吊灯籠
  • (11)菊輪灯
  • (12)御華束
  • (13)方立
  • (14)花立一対
  • (15)火立一対(ローソク立)
  • (16)土香炉
  • (17)須弥卓(前卓)
  • (18)打敷
  • (19)過去帳(過去帳を用いる場合)
  • (20)過去帳見台
  • (21)和讃箱
  • (22)和讃卓
  • (23)御文章箱
  • (24)御文章台
  • (25)キン(リン)
  • (26)リン布団
  • (27)リン台
  • (28)リン棒(25~28はリンセットとして取り扱っております)

※これらのお飾りは基本的なものです。詳しくは、「はせがわ」かお寺様にお尋ねください。

このページに関連する情報のご紹介。

はせがわのお仏具

祈りの空間を豊かにするお道具をご紹介いたします。

はせがわのお葬式

ご家族のご要望に応じて、故人様にふさわしい心のこもったお葬式を創ります。

ご存知ですか? はせがわでは次のようなサービスもご用意しております。

はせがわ銀座ギャラリー

はせがわ銀座ギャラリー

日本屈指の伝統技術工芸を展示しています。はせがわ銀座ギャラリーのご紹介。

お墓のお引越し

お墓のお引越し

全国にネットワークを持つ「お仏壇のはせがわ」だから、全国どこでもお墓のお引越しが可能です。