ホーム > 法事・供養のあれこれ > お葬式とその後のご法事の流れ > 七日から四十九日まで > 忌明け法要の準備

法事・供養のあれこれ お葬式とその後のご法事の流れ

七日から四十九日まで

忌明け法要の準備

日時の決定

法要の日時はご住職や親戚と相談して決めます。
忌明け法要は、ちょうど49日目が理想ですが、その日が平日の場合は参列者の都合を考え、“直前の”土曜や日曜にずらして集まりやすいように考慮しましょう。
一般的には、49日目を過ぎないように行なうことが多いようです。

招待者の決定

日時が決まったら、招待する人を決めます。
一周忌までは親戚や近親者だけでなく、故人の友人や知人などを招待するのが一般的です。

会場の決定

会場は自宅、菩提寺のほか、会館やホールを利用します。
菩提寺なら寺やご住職の都合を、会館などの場合には予約状況を確認します。

法要の連絡

日時と場所が決まったら、電話や手紙で列席者に連絡します。
手紙は封書で、案内状と出欠の返信用ハガキを同封します。
会場までの案内図も入れます。
先方の都合を考え、法要を行う3週間ぐらい前までには連絡します。
「法要の連絡先リスト」は、今後の法要のときにも必要になります。
きちんと整理し、保管しておきましょう。

店舗を検索する

寺院・ご住職との打ち合わせ

ご住職との打ち合わせでは、(1)ご住職の人数と送迎方法、(2)読経御礼(お布施)の額を決めておきます。
お布施は水引きのない不祝儀袋を用意し、表書きは「御布施」とし、その下に施主(法要の主催者)の姓名を書きます。
金額は葬儀のときよりは少なくなりますが、分からないときは葬儀社などに聞きましょう。
なお、送迎を行わない場合には別に「御車代」を、またご住職が会席に列席しない場合は「御膳料」を前もって準備します。

料理の手配

法要終了後、ご住職と参列者をもてなす席を設けます。
招待人数に応じて、お清め料理の手配を行います。

供花・供物の手配

供花や供物の手配を行います。

引き出物の手配

四十九日では、香典返しとは別に引き出物を用意し参列者に渡します。
表書きは黒白、双銀の結び切りで、「粗供養」「志」「満中陰志」などとします。
デパートや業者に頼めば、あらかじめ印刷された用紙で包んでくれます。

このページに関連する情報のご紹介。

はせがわのお葬式

ご家族のご要望に応じて、故人様にふさわしい心のこもったお葬式を創ります。

はせがわのお位牌

仏さまの魂が入る大事なお位牌。宗派によるスタイルの違いはないので自由に選べます。

ご存知ですか? はせがわでは次のようなサービスもご用意しております。

はせがわ銀座ギャラリー

はせがわ銀座ギャラリー

日本屈指の伝統技術工芸を展示しています。はせがわ銀座ギャラリーのご紹介。

お墓のお引越し

お墓のお引越し

全国にネットワークを持つ「お仏壇のはせがわ」だから、全国どこでもお墓のお引越しが可能です。