ホーム > 法事・供養のあれこれ > お葬式とその後のご法事の流れ > 初七日まで > 世話役との事務の引き継ぎ

法事・供養のあれこれ お葬式とその後のご法事の流れ

初七日まで

世話役との事務の引き継ぎ

事務書類の引き継ぎ

葬儀の後で世話役や諸係から、記帳簿や香典帳、供物帳、弔電や弔辞などを受け取ります。
納品書や領収書、請求書は出納帳と照合し、出金額と未払い額の確認をします。
後々のトラブルを避けるため、とくにお金に関することは必ずその場で確認すること。
引き継いだ書類は大切に保管し、また葬儀社の見積もりや明細書、請求書なども受け取っておきます。

世話役の立替金の精算

慌ただしい中で、世話役が出費を立て替えているケースがよくあります。
でも先方からは言い出しにくかったり、忘れていたりする場合があるので、こちらから早めに確認して、たとえ少額でもきちんと精算しましょう。

世話役などへのお礼

世話役や諸係へのお礼は、葬儀終了後に「御車代」として、1人5,000~1万円を包む事が多いようです。
まとめ役の世話役代表には、1万~2万円を目安に他の人より多めに包むことが多いようです。

このページに関連する情報のご紹介。

はせがわのお葬式

ご家族のご要望に応じて、故人様にふさわしい心のこもったお葬式を創ります。

はせがわのお位牌

仏さまの魂が入る大事なお位牌。宗派によるスタイルの違いはないので自由に選べます。

ご存知ですか? はせがわでは次のようなサービスもご用意しております。

はせがわ銀座ギャラリー

はせがわ銀座ギャラリー

日本屈指の伝統技術工芸を展示しています。はせがわ銀座ギャラリーのご紹介。

お墓のお引越し

お墓のお引越し

全国にネットワークを持つ「お仏壇のはせがわ」だから、全国どこでもお墓のお引越しが可能です。