ホーム > 法事・供養のあれこれ > お葬式とその後のご法事の流れ > ご葬儀まで > 危篤になったら

法事・供養のあれこれ お葬式とその後のご法事の流れ

ご葬儀まで

危篤になったら

救急車を呼ぶ場合(119番)

救急車を呼ぶ場合は、慌てないことが最も大切。
病人の年齢、状態、住所・電話番号等質問に落ち着いて答え、救急車のサイレンが聞こえたら近くまで出迎えます。

家族や親戚、友人・知人に連絡する

医師から「危篤」との診断を受けた時、ご家族、ご親族の方々になるべく早急に連絡をします。
内容は簡潔に、メモをして話すと良いかもしれません。
深夜なら「夜分遅くに申し訳ございません」のひと言を添えましょう。

このページに関連する情報のご紹介。

はせがわのお葬式

ご家族のご要望に応じて、故人様にふさわしい心のこもったお葬式を創ります。

はせがわのお位牌

仏さまの魂が入る大事なお位牌。宗派によるスタイルの違いはないので自由に選べます。

ご存知ですか? はせがわでは次のようなサービスもご用意しております。

はせがわ銀座ギャラリー

はせがわ銀座ギャラリー

日本屈指の伝統技術工芸を展示しています。はせがわ銀座ギャラリーのご紹介。

お墓のお引越し

お墓のお引越し

全国にネットワークを持つ「お仏壇のはせがわ」だから、全国どこでもお墓のお引越しが可能です。