お盆提灯の意味に関する基礎知識

お盆提灯の意味に関する基礎知識
「お盆提灯」の意味に関する基礎知識をご紹介します。
  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。
  • お盆提灯…お盆の際に飾る提灯のこと。故人様やご先祖様が迷わずにご自宅に帰って来られるための目印や、おもてなしのためのお飾り(お供え)としての意味がある。

Q1.お盆時期お盆提灯を飾るのは、どのような理由があるのでしょうか?

お盆時期お盆提灯を飾るのは、どのような理由があるのでしょうか?

A.ご先祖様がご自宅に戻って来られる際の目印としての役割や、ご先祖様方へのお供えとして提灯が最適とされていることが主な理由です。

ご先祖様がご自宅に戻って来られる際に迷われないための目印として、迎え火と同様の意味があります。

また、あかりが貴重だった昔は、お提灯の灯明が最上のお供えともいわれていたことから、現在も、ご先祖様方の冥福を祈り感謝の気持ちを表すためのお供えとしては提灯が最適とされています。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676