お仏壇の扉に関する基礎知識

お仏壇の扉に関する基礎知識
「お仏壇の扉」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 仏壇(ぶつだん)…信仰の中心となる本尊(仏像)やご先祖様の位牌などを祀り、供養を行うための場所(台)。もとは、寺院にある「内陣(ないじん)※ご本尊を安置してある本堂のこと」をミニチュア化して一般家庭に持ち込むために作られた。

Q1.お仏壇の扉の開閉について決まりはありますか?

家を新築するにあたり、リビングにある収納の中にお仏壇を設置し、普段は収納の扉を閉めておきたいと考えています。この場合、中に収納しているお仏壇の扉は普段から開けておくべきなど決まりはありますか?

A.地域性もありますが、基本的にはお仏壇の扉は常に開けたままご安置いただくのが一般的です。

基本的には、常から仏様にお見守りいただくとの考えから、お仏壇の扉は常に開けたままご安置いただくのが一般的です。

ただし、地域によっては夜寝る前には閉め、朝のお参りのタイミングで開けるなどといった慣習がある場合もございます。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676