浄土真宗の過去帳・位牌に関する基礎知識

浄土真宗の過去帳・位牌に関する基礎知識
「浄土真宗の過去帳・位牌」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 浄土真宗…浄土宗の開祖である法然の弟子、親鸞(しんらん)が鎌倉時代に開いた浄土教の一派のこと。阿弥陀仏を信じて念仏を唱えることにより、亡くなったら誰でもすぐに成仏できる(極楽浄土に行ける)という「他力本願(たりきほんがん)」の教えを説く。
    そのため、故人の成仏を願う位牌は不要であるという考え方が一般的。
  • 位牌(いはい)…故人様のご戒名(ごかいみょう)、没年月日、ご俗名(ごぞくみょう)、没年齢などを刻んでお仏壇にお祀りする仏具のこと。故人様の霊魂が宿る場所・依代(よりしろ)となる存在であり、亡くなられた方の象徴ともいえる。
  • 過去帳…故人様のご法名(またはご戒名)を記載する、帳面タイプの仏具のこと。主にお位牌を用いない浄土真宗で使用されることが多いが、他宗でもご先祖様のお位牌をまとめる際などに使用する場合がある。
  • 法名(ほうみょう)…浄土真宗における、仏弟子となることを誓う際に授かる名前のこと。
    他宗における「戒名(かいみょう)」と近い意味合いがあるが、戒名は、仏弟子として出家して戒律を守りながら修行していくための名であるのに対し、法名は、阿弥陀仏の教えを守りながら出家せず生きていくことを誓う際に授かる名前という違いがある。
  • 法名軸(ほうみょうじく)…主に浄土真宗で使用される、お位牌の代わりに用いられる掛軸型のお仏具。法名軸には故人様の「法名(ほうみょう)」を記し、四十九日法要以降はお仏壇の内側の両側面に掛けてお祀りする。
    なお、過去帳がある場合は同じタイミングで追記し、お仏壇のスペースが狭く法名軸を掛けることのできない場合は過去帳のみを祀る。

Q1.お仏壇が小さすぎて白木のお位牌が入らない場合、どうしたらよいでしょうか?

亡き父の供養をしていた伯母が亡くなり、父(浄土真宗)の白木のお位牌(紙に印刷した戒名が貼られているもの)を譲り受け、自宅に仏壇がなかったので新たに用意しました。しかし、仏壇が小さすぎてお位牌が入らないことが分かり困っています。

この場合、お仏壇に収まるサイズのお位牌を買い直す方がよいのでしょうか?もしくは過去帳に替えた方がよいという場合、今ある白木のお位牌はどうすべきですか?

A.まず、今回譲り受けられた白木のお位牌は仮のものになるため、作り替えが必要となります。その際、浄土真宗の場合には「法名軸」と「過去帳」へ作り替えてご供養するのが一般的です。

今回譲り受けられた白木のお位牌は、枕飾りおよびご葬儀の際に用いる仮のお位牌にあたります。多くの場合は、忌明け法要のタイミングで別途「本位牌(ほんいはい)」を作成して魂を移し替える必要があります。

しかし、今回はご宗派が浄土真宗とのことですので、基本的にはお位牌は必要せず、「法名軸(ほうみょうじく)」と「過去帳」を使用して(お仏壇が小さく法名軸が掛けられない場合は過去帳のみ)ご供養するのが一般的です。ただし、お寺によっては浄土真宗であってもお位牌をご準備してもよいというお考えのところもございます。

よって、まずはお寺にご相談いただきどのようにご供養すべきか決められるのが先決かと存じます。なお、現在お持ちの白木位牌はお寺様にお引き取りいただけるようお願いいただくとよいでしょう。

お位牌関連ページ

お位牌について、詳しくは下記をご参照ください。

お位牌とはページのサムネイル画像

お位牌とは

お位牌の種類や注文の手順など、お位牌に関する基本をお仏壇のはせがわが解説します。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676