お彼岸におすすめのお供えは何?相場や送るタイミングについても解説

お彼岸におすすめのお供えは何?相場や送るタイミングについても解説

春と秋の年2回訪れるお彼岸は、ご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行い、かつ仏教の教えに従って精進すべき時期です。しかし、お彼岸という名前は知っていても、具体に何を準備していいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、お彼岸を迎える準備を始める方へ向けて、おすすめのお菓子や果物、実家に手土産を渡す場合など、お彼岸のお供えを徹底解説いたします。また、お彼岸の期間や意味など、お彼岸の基本についてもあわせて紹介しています。

お彼岸には何をお供えするべき?シーン別おすすめをご紹介

様々なお供え

お彼岸時期のお供えとして一般的なのは、お菓子やお花、果物などです。しかし、お供え先によってもお供えすべきものは変わってきます。

まずは、ご自宅でお仏壇にお供えする場合と、贈答品として他家へお供えする場合の2シーンに分けて、おすすめのお供えをご紹介します。

①ご自宅のお仏壇にお供えする場合

仏教では、「香・花・灯明・浄水・飲食」の5つのお供えが大切だとする「五供(ごく)」という考え方があります。ご自宅のお仏壇へのお供えにおいては、「お線香・お花・ローソク・お茶・お水・食べ物」が大切なお供えにあたります。

お彼岸時期も同様に上記の五供をお供えしますが、お彼岸時期はご先祖様への日頃の感謝を伝えるための期間ですから、いつもより盛大にお供えをするのが通例です。以下は、通常のお供えに加えて、お彼岸によくお供えされる代表例です。

季節のお花

季節のお花

お花は普段からお供えするものですが、お彼岸時期はより盛大にお供えするのが一般的です。お仏壇の花立が小さい場合には、別途大きい花立を用意してお仏壇のそばにお飾りします。

お花を選ぶ際は、トゲや毒があったり香りが強いものは避けて、季節のお花や故人様が好んでいたお花をお供えするといいでしょう。

通年でおすすめな花

  • ユリ
  • カーネーション
  • トルコキキョウ
  • ラン

春彼岸におすすめな花

  • キンセンカ
  • スターチス
  • マーガレット
  • フリージア

秋彼岸におすすめな花

  • リンドウ
  • ケイトウ
  • ソリダコ

ぼた餅・おはぎ

おはぎ

春彼岸には「ぼた餅」、秋彼岸には「おはぎ」をお供えする風習があります。

どちらももち米と餡子を使用したお菓子ですが、ぼた餅はこしあんを使用して牡丹の花の様に大きめに作り、おはぎは粒あんを使用して萩の花のように小振りに作る形が通例です。(地域によって異なる場合もございます)

小豆の赤は邪気を払う効果があることや、貴重な砂糖を使用したお菓子であることから、これらをお供えすることでご先祖様への感謝や家族円満を祈っていたといわれています。

季節の果物

様々な果物

季節の果物のお供えも一般的です。「高杯(たかつき)」「盛器(もりき)」といったお供え用の器(足が高くなっており、仏様への敬意を表すことができるもの)を使用してお供えします。

長時間のお供えでも問題ないよう、リンゴやオレンジ、メロンなどの日持ちする種類の果物がおすすめです。

故人様が生前お好きだった食べ物

故人の好物シリーズ画像(お寿司ローソク)

故人様が生前好きだったお菓子や飲み物をお供えするのも通例です。果物と同様に、高杯や盛器に載せて仏壇にお供えします。

仏教の教えにのっとり、お酒や肉魚などの殺生を連想させるものは避けて選ぶのが基本ですが、近年はお寿司やお酒などをかたどったローソクタイプのものを代わりにお供えする方も増えています。

>>故人の好物シリーズ(キャンドル)の商品ページははこちら

精進料理

精進料理

肉や魚介類を使わずに作られた精進料理は、お彼岸やお盆などの特別な時にお供えする場合が多いです。「御料具膳(おりょうぐぜん)」という専用のお膳を使ってお供えするのが丁寧な形です。

精進料理は容易に手間がかかってしまうため、近年はお手軽なフリーズドライの精進料理セットも人気です。

>>仏膳用素材セットの商品ページはこちら

②贈答品として別のご家庭にお供えする場合

初盆を迎えるご家庭や、既に仏様がお祀りされているご家庭には、お供え物をお贈りするのが通例です。手土産として直接持参する場合と郵送する場合がありますが、基本的におすすめのお供えは同じで、「日持ちするもの、小分けにしやすいもの」が望ましいでしょう。

進物線香・ローソク

進物線香

仏教では、「仏様はよい香りや煙を好んで召し上がる」という「香食(こうじき)」の考えがあるため、贈答品としても一般的です。

贈答用のお線香は「進物線香」とも言われ、包装された箱入りタイプのものをお贈りします。お線香とローソクがセットになったものもございます。

>>進物線香の商品ページはこちら

菓子折り

小分け包装のお菓子

日持ちして小分けにしやすいことから、菓子折りもお供えとして人気です。

和菓子ならカステラやおせんべい、洋菓子ならクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子がおすすめです。

お花(フラワーギフト)

フラワーギフト

お仏壇へのお供えと同様、お花のギフトもおすすめです。

フラワーアレンジメントをお贈りする形が一般的ですが、日持ちしない、置き場所に困るなどの理由から、近年はプリザーブドフラワーなどの造花を贈る方も増えています。

>>フラワーギフトの商品ページはこちら

現金

香典袋

中には、品物ではなくお供物料として現金をお包みしたり、品物と一緒にお金を渡す場合もあります。

なお、地域性やご家庭のお考えにもよるため、お包みする場合には事前に周囲の方に確認を取っておくと安心です。

【お供え・初彼岸法要の香典】相場はいくら?

現金と電卓のイメージ

さて、ここまでシーン別におすすめのお供えをご紹介してきましたが、具体的にはいくらくらいの金額のものが適しているのでしょうか?ここでは、お供えの相場について解説いたします。また、初めてお彼岸を迎える際に執り行う「初彼岸法要(はつひがんほうよう)」に招かれた場合の香典相場についても、あわせてご解説します。

お供えの相場はどのくらい?現金と品物を一緒に持参する場合はどうする?

結論から言うと、品物をお供えする場合も、現金のみでお渡しする場合も相場は変わらず、【3,000円~5,000円程度】が相場です。また、現金と一緒に品物を持参する場合は、【総額が5,000円に収まる程度】のバランスで用意するのが通例です。(例:現金3,000円程度+品物1,000~2,000円程度)

なお、生前によくお世話になった方に対しては【5,000円~1万円程度】と高めにご用意したりする場合もあるようです。ただし、あまりに高額すぎてもお返ししなければと気を遣わせてしまうことがありますので注意が必要です。

  • 品物、または現金(香典)単独の相場:3,000円~5,000円程度
    ※生前にお世話になった方には5,000円~1万円程度と高めにご用意したりする場合もある
  • 品物+現金(香典)を一緒に渡す場合の相場:5,000円程度

初彼岸(はつひがん)の香典相場はどのくらい?

「初彼岸」とは、故人様がなくなってから初めて迎えるお彼岸のことを指します。初彼岸の際には、僧侶をお招きして「初彼岸法要」を執り行う場合もあり、法要に参列する際には香典をお包みする形が通例です。※地域や寺院によっては法要を行わない場合もあります。

故人様やご遺族とのお付き合いの深さによっても異なりますが、初彼岸だけれども法要は行わないというご家庭に対してなら、通常のお彼岸と同様に【3,000円~5,000円程度】が相場といわれています。

一方、初彼岸法要に参列する場合には、一般的な法要と同様の額をお包みするのが通例です。親族かどうかや、お付き合いの深さ、また渡す方の年齢によっても大きく異なりますが、一般的には【1万円~3万円程度】が相場の目安です。

  • 初彼岸で法要を行わない場合:3,000円~5,000円程度
  • 初彼岸法要を行う場合:1万円~3万円程度

お供えはいつするべき?3パターン別に解説

仏前にお供えしたおはぎ

前項まで、いくらくらいの何をお供えすべきかを具体的に解説して参りましたが、それでは、実際にお供えする際はどのタイミングで行うべきなのでしょうか?

本項では、ご自宅のお仏壇にお供えする場合、手土産として直接ご持参する場合、郵送する場合の3パターンに分けて、お供えのタイミングを解説いたします。

①お仏壇にお供えする場合

お彼岸は、春分の日・秋分の日を中日とした7日間の期間を指します。お仏壇へのお供えは、基本的には彼岸入り(初日)にお供えし、彼岸明け(最終日)に下げる形(お彼岸期間中は常にお供えがされている状態)が通例です。もし日持ちしないお供え物を用意する場合は、中日を中心にお供えされるとよいでしょう。

②手土産としてお供え物を持参する場合

地域や寺院のお考えによっても異なりますが、お彼岸時期には、お墓参りやお仏壇へのお参りと合わせて、お供えを持って他家へご挨拶に伺う場合があります。

訪問タイミングは、お彼岸の期間中であればその他に特段の決まりはありませんが、事前に連絡を入れて訪問日を相談しておきましょう。また、都合的にお彼岸の訪問が難しい場合には訪問時期をずらしても構いませんが、その際はお彼岸よりも前のタイミングで訪問するのが丁寧な形です。

③お供え物を郵送する場合

お彼岸前でも予定が合わなかったり、コロナ禍で直接訪問するのは不安…という場合には、お供え物を郵送する形でお供えしても問題ありません。その際は、彼岸の入り、もしくは中日(4日目)までには先方の手元に届くように手配するのが丁寧な形です。

はせがわ店舗では、購入したお線香やローソクの郵送対応も行っています。お近くの店舗は以下よりお探しいただけます。
>>お近くのはせがわ店舗を探す

また、はせがわオンラインショップでも、贈り先へ直接お供えを郵送できます。
>>はせがわオンラインショップのギフト・贈答用仏具ページはこちら

お供えのマナーを徹底解説!「掛け紙」と「香典袋」の正しい書き方・付け方は?

香典袋を差し出している様子

お供えをお送りする際には、いくつか気を付けるべきマナーがあります。

お線香などの品物をお供えする際には、贈る側から贈られる側への礼儀作法を表すために、「掛け紙(かけがみ)」という水引付きの紙をかけるのがマナーです。
また現金をお供えとしてお包みする際には、「香典袋(こうでんぶくろ)」と呼ばれる水引付きの封筒を使用するのがマナーです。「不祝儀袋(ぶしゅうぎふくろ)」とも呼ばれます。

ここでは、上記の2つのマナーについて、正しい表書きの仕方や付け方を解説いたします。

「掛け紙」の正しい付け方は?

弔事(お悔みごと)の際は、白黒か双銀結び切りの水引が基本です。地域によっては黄白結び切りの場合もあります。水引は、掛け紙を結び留める紐状のものが本来の形ですが、現在では掛け紙に水引が直接印刷されたものが一般的です。

掛け紙は、内掛け(包装紙の内側)と外掛け(包装紙の外側)の2パターンがあります。どちらでも問題はありませんが、弔事の際は外掛けがおすすめです。弔事のお供えは、包装した状態のまま暫くお仏壇にお供えしておくことが多いため、どなたからいただいたのかがすぐに分かる外掛けが望ましいとされています。

■「掛け紙」「のし紙」何が違うの?

熨斗紙と掛け紙の違いの説明画像

贈答品を贈る際によく耳にする「熨斗(のし)」ですが、こちらは結婚式などの祝い事(慶事)で使用されるものです。本来、「のし」はのして(伸ばして)乾燥させた「のしあわび」のことを指し、神聖、不老長寿、祝い事が続くようにといった願いが込められています。現在では本物のアワビではなく、右上に飾りまたは印刷された形のものが主流です。

弔事の際は、この「のし」をつけずに贈るため、「のし紙」とは区別して「掛け紙」と表現されるのです。

「掛け紙」と「香典袋」の表書きと名入れはどうするべき?

■表書きの仕方

お彼岸のお供えにおける一般的な表書きは、以下の通りです。先方が四十九日以内の場合には、お彼岸としてではなく四十九日のお悔みとして「御霊前」の表書きでお供えしましょう。

  • 掛け紙(品物のお供え)の場合…「御仏前」「御供」
  • 香典袋(現金のお供え)の場合…「御仏前」「御供物料」

■名入れの仕方

掛け紙も香典袋も、表書きの真下に渡す側の名前をフルネームで記入します。夫婦や複数人で贈る場合には、連名で記入する場合もあります。

店頭やオンラインショップで品物を購入した場合には、掛け紙もセットで用意してもらえる形が多いですが、香典袋については筆ペンなどを使用して自分で直接記入する形が通例です。

掛け紙のマナーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

掛け紙のマナーページのサムネイル画像

お供え物にかける掛け紙のマナーと書き方を解説

掛け紙のマナーを詳しくを知りたい方に、熨斗との違いから書き方までお仏壇のはせがわが解説します。

お彼岸とは?期間や意味を解説

彼岸花

さて、ここまでお彼岸のお供えについて見てきましたが、そもそもお彼岸とは具体的にどのような行事なのでしょうか?ここからは、お彼岸の具体的な期間や意味、するべきことなど、お彼岸とは何かについて解説いたします。

お彼岸にはどんな意味や由来がある?

お彼岸は日本独自の風習で、現代ではご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行う時期として位置づけられています。

お彼岸は、日本古来の風習が後から仏教的解釈によって意味付けされたことで生まれました。古来より、お彼岸時期にはお墓参りや先祖祭りの慣習とがあり、その後仏教伝来によって「あの世(彼岸)との距離が最も近くなるお彼岸時期に修行を行うことで、煩悩に満ちたこの世(此岸)を脱して悟りに至ることができる」という仏教の考えが加わりました。

仏教修行の基本とされる「六波羅蜜(ろくはらみつ)」は、全ての物に感謝する報恩感謝の精神が基本になっています。お彼岸に自分がお世話になった親やご先祖様のお墓参りをするのも、この精神に通じていると言えるでしょう。

2022年のお彼岸はいつからいつまで?

お彼岸の期間は、「春分の日・秋分の日を中日とした7日間」です。春分・秋分の日は、いずれも太陽が真東から昇り真西に沈む日(=昼と夜の時間が等しくなる日)と決められています。これらは太陽の動きに合わせて国立天文台が定めているため、例年、春分の日は3月20~21日ごろ、秋分の日は9月22~23日ごろですが、年によって期間は前後します。2022年の具体的なお彼岸日程は以下です。

■春彼岸 【3月18日(金)~3月24日(木)】までの7日間

  • 3月18日(金)…彼岸入り(初日)
  • 3月21日(月・祝)…中日(春分の日)
  • 3月24日(木)…彼岸明け(最終日)

■秋彼岸 【9月20日(火)~9月26日(月)】までの7日間

  • 9月20日(火)…彼岸入り(初日)
  • 9月23日(金・祝)…中日(秋分の日)
  • 9月26日(月)…彼岸明け(最終日)

お彼岸についてもっと詳しく知りたい方はこちら

お彼岸とはページのサムネイル画像

お彼岸はいつ? 意味とするべきこと、お供え物を解説

お彼岸とは何かを知りたい方に、意味やするべきことなどお彼岸の基本をお仏壇のはせがわが徹底解説します。

はせがわおすすめのお彼岸ギフト

はせがわおすすめのギフト(進物線香、フラワーギフト、進物ローソク)

最後に、はせがわがご提供しているお彼岸ギフトの中から、おすすめ商品をピックアップしてご紹介いたします。お彼岸のお供え物をご検討される際にお役立てください。

また、はせがわではオンライン上でのご相談も随時承っております。お供え選びでお困りごとがある際は、商品ページ上に設置している「メール相談」ボタンよりお気軽にお問い合わせください。

はせがわおすすめの進物線香

はせがわでは、沈香や白檀などの伝統的な香りから、さくらやバラなどの現代的な香り、中には無香のものまで様々取り扱っています。以下に、おすすめの進物線香をいくつかピックアップしてご紹介します。

 

 

>>進物線香の商品ページはこちら

はせがわおすすめギフト

お線香は他の方と被ってしまいそう…と不安な場合には、フラワーギフトや進物ローソクなどのギフトもおすすめです。以下に、はせがわおすすめのギフトをピックアップしてご紹介します。

 

 

>>ギフト・贈答用仏具の商品ページはこちら