お彼岸にやってはいけないことに関する基礎知識

お彼岸にやってはいけないことに関する基礎知識
お彼岸時期にやってはいけないことはあるのか、「お彼岸にやってはいけないこと」に関する基礎知識をご紹介します。
  • お彼岸…毎年2回、仏様が住む悟りの世界(彼岸)とこの世(此岸)の距離が最も近くなるとされる「春分の日」「秋分の日」を中日とした7日間に、ご先祖様の供養と仏教修行を行う仏教行事。

Q1.お彼岸の時期に友人の結婚式に招待されましたが、出席しても失礼に当たらないのでしょうか?

ちょうどお彼岸の時期に、友人のお宅の披露宴にご招待を受けました。主人は「喪中ではないのだから問題ない」と話していますが、出席しても相手のご家族に失礼に当たらないのでしょうか?

A.お彼岸時期は喪に服する期間ではありませんので、ご出席いただいても失礼には当たりません。

お彼岸の時期は、結婚式やお引越などのお祝い事は控えるべきとよくいわれます。しかし実際には、お彼岸は喪に服する期間ではありませんので、必要以上に慎まなくてはいけないということはありません。したがって、結婚式にもご出席いただいて差し支えございません。 しいていえば、お彼岸は故人様やご先祖様への感謝の気持ちを伝えるべき期間ですので、ご出席される際にもそのご供養の心を忘れずに過ごされるとよいかと存じます。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求