四十九日(忌中)の掛け紙・不祝儀袋に関する基礎知識

四十九日(忌中)の掛け紙・不祝儀袋に関する基礎知識
忌中(四十九日の期間中)の方に対してお供えをお渡しする際の、「掛け紙・不祝儀袋」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 四十九日(しじゅうくにち)…亡くなられてから四十九日法要が行われるまでの期間のこと。(神式の場合は五十日祭まで)「忌中(きちゅう)」とも言い、それ以降は「忌明け(きあけ)」と呼ばれる。
  • 四十九日法要…命日から49日目に行う、故人を偲び冥福を祈るために営む追善法要のこと。「四十九日」と省略されて呼ばれる場合もある。
  • 掛け紙(かけがみ)…どのような名目で誰から贈るのか(贈り主)を書き入れるために、贈答品に掛ける紙のこと。よく一括りにされがちだが、慶事用の「熨斗(のし)」がついた紙を「のし紙」と呼び、弔事の際には、水引だけがついた「掛け紙」を使用する。
  • 不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)…お悔みや弔事の際に現金を包むために用いる、黒白などの水引がついた袋のこと。「香典袋」と呼ばれる場合もある。地域や使うタイミングによって、使用する袋の種類や表書きの仕方が異なる。

Q1.四十九日法要の際に、お布施・御膳料の他に本堂の使用料をお包みする場合、袋の表書きはどうすればよいですか?

近所のお寺で四十九日法要を執り行う予定なのですが、「お布施」・「御膳料」の他に本堂の使用料をお包みする場合、袋の表書きはどうすればよいですか?

A.絶対的な決まりはありませんが、基本的には「本堂使用料」と記載いただければ問題ございません。

本堂をお借りする際のお礼に関する表書きについては、絶対的な決まりはありません。よって、そのまま「本堂使用料」と記載いただければ問題ございません。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676