七日から四十九日まで 遺品の整理と形見分け

故人が生前に使っていた物品を整理し、保管しておくものと処分するものに分けます。
故人の生前が偲ばれる愛用品の数々を親族や親しかった友人に贈るのが「形見分け」です。
四十九日をめどに行うとよいでしょう。

遺品の整理と保存

故人を偲ばせる品を見るのはまだ辛い時期ですが、遺品を整理することで、遺族の気持ちの整理にもなります。
もし勤め先の書類などが出てきたら、どうしたらよいのかを元の上司などに相談しましょう。
故人が自営業だった場合は、確定申告など税金上の問題があるので、少なくとも5年間は書類の保管が必要です。
故人の手帳や住所録、日記、手紙類は後で必要となることがあるので、1カ所にまとめて2~3年の間、保管しておきましょう。
とくに住所録は、年賀欠礼状などを出す際に必要になります。

形見分けとリフォーム

形見分けは原則として親族で行いますが、もし故人が生前親しくしていた方からたっての申し出があった場合は、その方に相応しい品を選んでお分けするとよいでしょう。
形見分けする品物はふつう衣類や本、アクセサリー、時計、万年筆、趣味の道具などです。
相手がもらって喜ぶもの、実際に使ってもらえるものを選びます。
傷みの激しいものは避け、衣類はクリーニングしておきましょう。
なお形見分けは、包まずにそのまま渡すのがしきたりです。

一覧に戻る