七日から四十九日まで 四十九日の法要(忌明け法要)

仏教では、人が死ぬと7日ごとに7回、あの世で閻魔(えんま)様によって
生前の行いを裁く審判があるとされています。その審判の日が忌日。
それが終わって判決が言い渡されるのが49日目。
すべての審判が終わった故人の魂は、ようやくわが家を離れていきます。
そこで、遺族は「忌明け(きあけ)」として、日常生活に戻るために、親戚や故人と親しかった友人・知人を招き、故人の功徳が報われて極楽往生できるようにと祈る法要を行います。
これが四十九日の法要で「忌明け法要」とも呼ばれます。
最近では、葬儀後に初七日の法要を済ませることが多くなってきたため、四十九日は葬儀後最初の大きな法要ということになります。

一覧に戻る