七日から四十九日まで 埋葬と納骨

納骨は忌明け法要(四十九日)のあと、遺族や参列者が集まって行うのが一般的です。
しかしそれにこだわる必要はありません。
四十九日を過ぎても百か日、一周忌に納骨することもあります。
墓地がない場合は、寺院や霊園の納骨堂に一時的に預けるか、墓地を購入する意思のないときなどは永代納骨することもできます。

納骨に必要なもの

遺骨のほかに、納骨して埋葬するには、区や市町村が発行する「埋葬許可証」が必要です。交付された「埋葬許可証」は、納骨時に墓地の管理者に、寺院の場合は住職に預けます。
霊園墓地を利用するときには、使用許可証、印鑑なども必要になります。
なお忌明けの四十九日が過ぎても、墓地購入のめどが立たない場合などには、菩提寺や霊園の納骨堂に一時、遺骨を預ける方がよいでしょう。

納骨式の進め方

遺骨を墓地、あるいは納骨堂に納めるときには、ご住職に来てもらい納骨式を行います。
納骨式には喪主・遺族のほか、親戚、故人とごく親しかった友人などを呼んで、しめやかに行います。
進め方は、ご住職の読経のあと、遺骨を墓石の下の納骨室に納め、続いて一同が焼香し、合掌して故人の冥福を祈ります。

分骨の方法

分骨とは、遺骨を分けて2カ所以上のところに納骨することを言います。
ふつうは葬儀の打ち合わせの時点で申し出て、葬儀社に分骨用の小さな骨壺を用意してもらい、火葬場で二つに分けて骨揚げをします。
分骨には次のようなケースがありますが、それぞれ具体的な分骨の方法は、菩提寺のご住職に相談しましょう。

  1. 宗派の総本山へ遺骨を納めたいとき。
  2. 故人の郷里の菩提寺に納めるとき。
  3. 墓地が遠方で、近くに新たな墓を求めるとき。
  4. 生家の墓に納めたいとき。

改葬の方法

お墓を移転することを改葬と言います。
墓地の管理者や菩提寺の住職の許可を得たら、改葬を行うための手続きをします。
まず役所から、「改葬許可申請書」を入手し、必要事項を記入し、埋葬の事実確認のため、現在お墓のある寺院か墓地の管理者に署名・押印してもらいます。
そして移転先の墓地の管理者に発行してもらう「受け入れ証明書」とともに役所の窓口に提出して「改葬許可書」を交付してもらいます。

一覧に戻る