お盆について お盆の流れ

お盆の期間は地域によって多少のバラツキがあります。
一般的には
7月13日~7月16日
8月13日~8月16日
のところが多いようです。しかし、一部地域ではそれ以外のところもあり、地域性があります。

8月盆 7月盆
7月 6月

準備

寺院への依頼
お墓、お仏壇のお掃除
自宅の準備(盆棚、お仏具等、ローソク、線香等の用意。盆提灯の組み立て。)

【新盆の場合】

お見舞者への返礼品の準備
新盆用提灯の準備

8月 7月

12日お迎え準備

飾りつけ、お供え準備

13日迎え盆

午前 墓参り
家族揃って墓参りに行きます。「迎えは早く、帰りは遅く」と言われています。

夕方 迎え火

(盆提灯に火を灯し、家の玄関先か門口で「迎え火」をたき、ご先祖の霊をお迎えします。)

14・15日盆中日

墓参り(家族揃って墓参りに行きます。)
読経(ご住職を迎えて、読経をして頂きます。)
会食(一般的に宗教、宗派に関係なく、親族や故人と親しい  人たちを招いて、会食をすることが多いようです。)
※お盆中は灯明を絶やさず、三度の食事は家族と同じものを供えます。

16日送り盆

夕方 送り火
(おがらや新盆の提灯を焼き送り火をたいて、ご先祖の霊をお見送りします。)
※お盆の行事は地域によって様々です。


一覧に戻る