お盆について お盆の歴史と由来

お盆は仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭です。
むかしお釈迦様のお弟子様である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったところからはじめられたもので仏さまや先祖の恩に感謝し、そしてしのぶ美しい行事なのです。

一覧に戻る