お彼岸について お墓参りにいきましょう

(一)お掃除をします

雑草や落ち葉を取り除き、墓石についた埃や砂は、水をかけて洗いましょう。その後布等できれいに拭き上げます。
彫り部分は歯ブラシを使用すると汚れがよくとれます。
※堅いたわし等を使用すると、傷つく恐れがありますのでご注意ください。

(二)花や供物をお供えします

花や供物を墓前にお供えします。お花は適度の長さに切り、花立にお供えします。
供物(お菓子・果物)は小皿にのせて墓前の空いている所にお供えします。
※お帰りの際は供物はお持ち帰りください。

(三)墓石にお水をかけます

手桶に水をため、墓石に直接水をかけます。ご家族数人でお参りされる場合、故人にご縁の深い方から順に水をかけます。
※シミの原因になりますので、お酒等はかけないでください。また香炉は、お線香の火で高熱になった後、お水をかけるとひび割れが入る恐れがあります。

(四)お線香を焚きます

合掌の前にお線香を焚きます。お線香は「香食(こうじき)」と言われ、仏さまのお食事となります。出来るだけ香りの良いお線香を焚きましょう。
※お線香は束ではなくバラしてお使いください。

(五)お参りをします

家族全員で、合掌、礼拝をし、その後ひとりずつ墓前にお参りをします。仏さまに向かいの故人のご冥福を祈り、日常生活の報告や感謝の気持ちを伝えましょう。
※お彼岸やお盆だけに限らず、お墓参りをしましょう。

一覧に戻る