お彼岸について お彼岸の由来

お彼岸は浄土思想に由来します。
浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は、西方の遥か彼方にあると考えられていました(西方浄土(さいほうじょうど)ともいいます)。
そのため、真西に太陽が沈む春分・秋分の日は夕日が極楽浄土への「道しるべ」となると考えられていたのです。極楽浄土への道を「白道(びゃくどう)」といい、信じて進めば、必ず極楽浄土に至ると言う信仰が生まれ、現在に至っています。
また、昼夜の長さが等しくなることからお釈迦様の教えである偏りのない考え方「中道(ちゅうどう)」を表すとも言われています。

春分・秋分の日は祝日ですが、どうして祝日になったのでしょうか?

祝日法に、春分・秋分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」と書かれています。

農耕という観点から眺めると・・・・・

古来から作物を育てる太陽と、私達を守ってくださる祖先神へ供え物をしていました。春分には豊穣を祈り、秋分には収穫に感謝をします。
本来、祝日の意味合いは「美しい風習を育てつつ、より良き社会、より豊かな生活を築きあげるため」に定められたものです。年に二度しかないお彼岸です。ちょっといつもと気持ちを変えてお墓参りに出かけられてはいかがでしょう。

一覧に戻る