ご葬儀まで 臨終のときを迎えたら

逝去直後に訃報を知らせるのは、親戚、親しい友人・知人、勤務先、学校、町内会などです。菩提寺があれば、ご住職に連絡しておくと、葬儀日程などを決める上で参考になります。

葬儀社に搬送依頼連絡

葬儀社に連絡をして、故人様を病院から運び出す為の専用寝台車を手配します。到着の時間を確認しておきましょう。葬儀を行う葬儀社が決まっていない時は、搬送のみを依頼することも可能です。

自宅または葬儀の式場に搬送

病院で亡くなると霊安室に一度ご安置されます。
寝台車が到着したらストレッチャーに移して運び、ご希望のご安置先まで搬送いたします。
寝かせて運べるワゴン車などあれば家族が搬送しても法的に問題はありませんが、犯罪などの嫌疑がかからないように、必ず死亡診断書を携帯しなければなりません。
また、ご自宅ではなく、直接式場に搬送する場合には、納棺された状態でないと受付けられないこともあります。そのような場合は前もって棺を決めておくことが必要です。

故人様のご安置

病院から戻ってきた故人様を納棺までの間布団に寝かせ、ご安置します。
頭を北に向けるのが基本ですが、間取りの関係で無理なら頭を西に向けます。
このように安置することを「枕直し」とよびます。
故人様を寝かせたら顔には白い布をかけ、手は胸の上で合掌させ、数珠をかけます。

故人様を見守る(ご遺体の衛生保存)

故人の唇を軽く湿す「末期の水」、遺体を拭き清める「湯灌」、故人に化粧を施す「死化粧」。
これらは逝去直後の故人様を見守り、よい旅立ちを願う気持ちで行うもので、ご遺体の衛生保全処置でもあります。
医師や看護婦、葬儀社の指示に従い、お別れの時間を充分持つことが大切です。

旅先や海外で亡くなった場合

現地で荼毘に付すか、ご遺体を搬送するかを決めます。
国内でのご遺体の搬送には、航空機、霊柩車、寝台自動車などを利用。
国外の場合は、手続き面で関係機関との連携が不可欠です。

なお、国外から航空機で運ぶご遺体は荷物扱いになります。

一覧に戻る