ご葬儀まで 葬儀・告別式の前に決めること

弔辞の依頼、弔電を選ぶ

弔辞は、故人様と特に親しかった人を選んで依頼しますが、最近では社葬以外の一般葬で読まれることは非常に少なくなってきました。
弔辞を依頼する場合、友人代表、(故人が生前勤めていた)会社代表、(故人が生前関連していた)業界代表などが代表的な依頼先です。
弔電は、数が多い場合は故人様の会社関係の人から代表して数通を選び、他はご芳名のみをご紹介することが多いようです。

精進落としの数の確定

精進落としの最終的な数量は通夜振舞い後に葬儀社に伝えましょう。
その際に、故人様の陰膳もご準備する場合は、一つ追加してお願いします。
また、お寺様が召し上げるかを確認し、席に着かない場合は「御膳料」を別途お包みします。

一覧に戻る