東京霊園 もみじ苑

東京霊園 もみじ苑

武蔵野の風格が漂う
歴史と気品の高級墓地

静かな時が流れる
特別墓域

正門からほど近い場所に位置する「もみじ苑」は、京都の高雄をイメージした庭園墓域。赤松林、あずまや、枯山水、石積みなどを配した趣のある日本庭園は、四季折々の美しさを彩り、晩秋の頃には、紅に色づいたもみじが、一段と優美な姿を演出してくれます。

01

静かな
お墓参り

「もみじ苑」の墓所は、全て東向きになっているので、お墓同士が向かい合ったり、背中合ったりすることがありません。また、墓所の左右に隣の墓所との間隔を設けたゆとりある造りになっており、お盆やお彼岸の墓参者の多い季節でも、ゆっくりと仏さまと語らうことが出来ます。

02

行き渡る
管理

自然が豊かであれば豊かであるほど、落ち葉や雑草が気になるもの。しかし、東京霊園の行き届いた管理は、そういったものが杞憂であることを教えてくれます。

03

やすらぎの
空間

苑内にはあずまや、枯山水などが配してあり、訪れる人々を飽きさせない日本の侘び錆びをからだいっぱいに感じることができます。

04

もみじの
彩り

秋には「もみじ苑」の名にふさわしい、見事な紅葉が広がります。緑から黄色、赤へと美しく移ろう自然のグラデーションに、思わず見とれてしまいます。