公営霊園
都立谷中霊園 とりつやなかれいえん

明治7年開園、明るく静かな歴史ある霊園

谷中の寺町の中にあって、寛永寺や天王寺の墓地が入り組んで一団の墓域を形成し、霊園内には、幸田露伴の小説「五重塔」のモデルになった天王寺五重塔の跡もあります。霊園の北側はJRの線路に接する高台となり、スカイツリーを望むことが出来ます。園内は明るく静かで、著名な画家や文学者、俳優なども眠っています。開設は明治7年で、面積は約10ヘクタール。

都立谷中霊園 の特徴

桜の並木道に面したところに管理事務所がございます。
桜の名所で時期になると多くの方が見学に来られます。
都心部ですが大きな木々も残っております。
区画毎に区画番号を表す標識が立っており迷わずたどり着けます。
一般的な墓地の他、立体埋蔵施設もございます。
德川15代将軍慶喜公も谷中に眠っております。仏式ではなく神式で祀られています。

基本情報

  • 住所 東京都 台東区 谷中7-5-24
  • 宗旨宗派 不問
  • 設備

霊園・墓石の参考価格

※墓石及び墓石工事費は含まれません。

都立谷中霊園 までの交通のご案内

霊園に行く前に「はせがわ」にご相談ください。
お墓専門スタッフが送迎します。

都立谷中霊園 のご見学は、はせがわがご案内いたします。お客さまが単独で霊園に行かれると、現地にいる案内人が担当になります。現地の案内人はその霊園を販売することが仕事ですので、その霊園の悪いところや弱点には触れずに説明するケースがあるようです。
はせがわでは様々な霊園をご案内しておりますので、霊園の良いところはもとより、現地の案内人が言わないような弱点やネックとなるポイントも隠さず公平にご説明し、その上で霊園を選んでいただけます。

車でお越しの方

言問通り「上野桜木信号」を鶯谷方面から来ると右折、忍ばず通りから来ると左折し、直進すると霊園です。

バスでお越しの方

台東区循環バス東西めぐりん「谷中霊園入り口」バス停よりすぐ。

電車でお越しの方

JR「日暮里駅」南口から徒歩約6分。

※所要時間は交通状況によって異なります。

都立谷中霊園 のひとことコメント

多くの著名人が眠る霊園です。休日になると外国人も含め多くの方が見学にくる明るい霊園です。
一覧に戻る