お盆の準備とながれ

お盆の準備

大切にしたい、いのちのつながり
 -その心は、お盆の準備から始まります。
ご先祖や身近に亡くなったご家族の御霊を、この世にお迎えする行事が、お盆です。
お盆は御霊をお迎えする「迎え火」に始まり、お見送りする「送り火」に終わります。
ご家庭の中では提灯を迎え火・送り火としてしつらえ、
ご先祖や亡きご家族の御霊を供養しますが、京都の大文字焼きや長崎の精霊流し、各地の花火大会、盆踊り等も御霊を慰めたり「お浄土」にお送りするためのものです。

流れていく日常の中で、ひとときご家族で集い、盆棚にお供え物や提灯を華やかにしつらえて、“いのちのつながり”を確認するお盆。
提灯をお飾りし、大切な人を思いながら、そのときを迎えましょう。

お盆ながれ

7月盆、8月盆※地域によって7月、8月があります。
お盆前月
お盆当月

準備

  • 寺院への依頼
  • お墓、お仏壇のお掃除
  • お飾り(盆棚、仏具、ローソク、線香などの準備、お盆提灯組み立て)
  • 【新盆の場合】
  • お見舞客への返礼品の準備
  • 新盆用提灯の準備

12日 お迎え始め

  • 飾りつけ、お供え始め

13日 迎え盆

  • お墓参り家族揃ってお墓参りに行きます。
    「迎えは早く、送りは遅く」と言われています。
  • 迎え火お盆提灯に火を灯し、家の玄関先か門口で「迎え火」を炊き、ご先祖の御霊をお迎えします。

14・15日 盆中日

  • お墓参り家族揃ってお墓参りに行きます。
  • 読経僧侶を招き、読経をしていただきます。
  • 会食親族や故人と親しい人たちを招いて、
    会食をします。

16日 送り盆

  • 送り火おがらや新盆の提灯を焼いて、「送り火」を炊き、
    ご先祖の御霊をお見送りします。
お盆についてもっと知りたい方へ 関東の一部店舗でお盆いろは教室を開催中!
資料請求 お店を探す 提灯を知る 盆飾りを知る 盆飾り新スタイル 新盆の方へ 関東限定 お盆セット はせがわ厳選 お盆お迎えセット 新盆の方へ お盆の準備とながれ お盆のQ&A 進物線香 お盆用品チェックシート