お盆の迎え方

大切にしたい、いのちのつながり

その心は、お盆の準備から始まります。
ご先祖や身近に亡くなったご家族の御霊を、この世にお迎えする行事が、お盆です。お盆は御霊をお迎えする「迎え火」に始まり、お見送りする「送り火」に終わります。
ご家庭の中では提灯を迎え火・送り火としてしつらえ、ご先祖や亡きご家族の御霊を供養しますが、京都の大文字焼きや長崎の精霊流し、各地の花火大会、盆踊り等も御霊を慰めたり「お浄土」にお送りするためのものです。
流れていく日常の中で、ひとときご家族で集い、盆棚にお供え物や提灯を華やかにしつらえて、" いのちのつながり"を確認するお盆。
提灯をお飾りし、大切な人を思いながら、そのときを迎えましょう。

お盆の由来と歴史、そして現代

なぜお盆は8月にあるのでしょうか。それにはこんな言い伝えがあります。
お釈迦様の弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)の母は死後、餓鬼道に落ち苦しんでいました。お釈迦様に相談すると「夏の修行が終わる7月15日に僧侶を招き、供え物をして祈るとよい」とのお答え。この功徳によって、ようやく極楽往生をとげることができたのでした。以来、旧暦の7月15日は、ご先祖の霊をお迎えして感謝と供養をささげる日となったのです。
日本では、奈良時代の西暦606年に初めてお盆の行事が行われ、8世紀ごろには風習として広まったといわれます。
現在お盆には、お供えのほか、提灯や灯籠などを飾ってお祀りします。親戚や知人を招いて僧侶の読経を受けた後に、供養の意味を込めて、みなで食事をしながら故人を想い、語ります。お盆のこまかな作法については、宗派よりもお住まいの地域やお家ごとの決めごとが多く、浄土真宗のご家庭では本来用いないとされる提灯や灯籠が飾られる場合も、めずらしくないようです。
わからないことはその地域のしきたりに詳しい方にご相談されたり、今までご実家でされてきたことを思い出しながらすすめるのが一番です。ご供養の気持ちを第一にお考えになるのがよいでしょう。

資料請求 お店を探す 提灯を知る 盆飾りを知る 盆飾り新スタイル 新盆の方へ 関東限定 お盆セット はせがわ厳選 お盆お迎えセット 新盆の方へ お盆の準備とながれ お盆のQ&A 進物線香 お盆用品チェックシート