盆提灯

新盆をお迎えのかたへ

亡くなった方が忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆(初盆)」(にいぼん・しんぼん・はつぼん)といいます。
新盆は故人さまの霊が初めて家に戻られる日です。親族や知人友人など大勢揃って、特に丁寧にお迎えしたいものです。
お寺さまを招き、読経していただき、集まった皆さまに料理を振る舞う慣わしもあります。
地域によって異なりますが、提灯は絵柄のない白い提灯を使用します。

新盆の時だけの提灯

これは初めて戻られる故人さまの霊が迷わないようにと目印として軒先などに吊り下げる新盆用提灯です。新盆の年だけ用い、送り火で燃やしたりお寺様に納めたりします。 古くから新盆を迎える家に親類縁者が提灯を贈る風習がありますが、近年の傾向として毎年飾ることから絵柄の入った置き提灯(行灯・あんどん)や吊り提灯を贈ることが多くなっています。

一方、最近では住宅事情の変化により盆提灯を飾るスペースを考慮して、兄弟、親戚などから実物の盆提灯の代わりに現金をいただき、ご家族で全て用意する事も多くなっています。 また四十九日の忌明け前にお盆を迎える場合には新盆供養は翌年に行うのが一般的です。