盆提灯

お盆に欠かせない牛馬

お盆といえば、ナスで作る牛、キュウリで作る馬を想像される方が多いのではないでしょうか。

お盆に飾る牛馬は、ご先祖さまがこの世とあの世を行き来するのに使う乗りもので、馬に乗って早くこちらへお戻りになり、牛に乗ってゆっくりお帰りいただくという意味合いがあると言われています。

足にはおがらを使いますが、割箸で代用される方も多いようです。

行きと帰りを示すことから、牛と馬は逆方向を向かせて飾ります。

当社オリジナル、ちりめんの牛馬。


こちらは当社オリジナル、ちりめんの牛馬飾りです。とてもかわいらしいため大人気で、毎年あっという間に売り切れてしまうヒット商品です。
牛、馬、ほおずきに黒い台がついてきます。


お供え物バージョンもあります。
レンコン、トウモロコシ、ぶどう、ほおずき、みかん、それに白木の台が付いてきます。

こちらはお盆以外の時にも使えます。




どちらもお仏壇や盆棚の飾りとしてだけでなく、お玄関やリビングのちょっとしたスペースに飾ってもかわいらしいです。

身近な素材とコーディネートして、夏を感じてみてください。