盆提灯

提灯ができるまで

提灯には様々な絵柄やデザインのものがありますが、そもそもどうやって作られているのか、知らない方が多いと思います。
そこで、今も昔と変わらない技法で作られている岐阜提灯の老舗メーカー(株)オゼキを訪問し、商品企画を担当している尾関年彦さんに、伝統的な提灯の火袋ができるまでの工程についてお聞きしました。

火袋の土台を作る「張り」

「張り」とは、張師と呼ばれる職人が火袋の張り型を組み、その上に細いヒゴを螺旋状に巻き、和紙を張っていく工程です。

ヒゴの種類は竹ヒゴとワイヤーがあり、伝統的な技法では竹ヒゴを用いるそうです。

長くても4メートル弱しかない竹ヒゴは繋いでいく必要がありますが、継ぎ目を目立たないように繋ぐのが職人技の見せどころだそうです。 火袋は和紙を張った後、張り型を抜き取れば完成です。

火袋の絵柄を彩色について

火袋の絵柄を彩色するには2つの技法があるといいます。 ひとつめは、摺込師が70〜100ほどの型紙を使い、絵柄にあわせて色を摺り込んでいく「摺込絵」と呼ばれる技法です。

使える絵の具はわずか10色で、原色で使うのは白と黄色のみ、その他の色は摺込師自ら、作り合わせていくそうです。 「同じ色でも濃淡を表現することがあるため、何十種類もの色を作ります。しかもしばらく経ってから同じ絵柄を摺り込む場合、一年先でもまったく同じ色を出さなくてはならない。 熟練の技が必要になります」と尾関さん。

「描き絵」という技法について

完成した後、火袋に張られる「摺込絵」に対して、張師が作った無地の火袋に後から絵付けしていくのが「描き絵」という技法です。 原画に従い、絵を描く位置を計算しながら、職人が均一性を保ち描いていくそうです。

淡い印象の摺込絵と比べると、よりはっきりと絵柄が出るのが特徴とのことです。

職人の手仕事による完成度の高さと美しさ、深みを感じさせる伝統的な提灯―-。 実物をご覧になる際、「摺込絵」と「描き絵」の違いなどに注目してみるのもおすすめです。

取材協力:株式会社 オゼキ