数珠・念珠の選び方とは?男女別の違いなど5つの観点から解説

数珠は、供養に置いて重要な仏具。数珠(じゅず)は念珠(ねんじゅ)とも呼ばれています。数珠選びで、ここだけは押さえてほしい5つのポイントを解説いたします。使う場面や周りの人からの見られ方も含めて、自分に最適な数珠を見つけてください。

男性用・女性用で選ぶ

数珠は男女兼用ではなく、それぞれの玉の大きさが異なります。数珠の貸し借りはしないのが一般的なマナーですので、ぜひご自分用の数珠をご用意ください。

女性用
女性用の数珠

片手用数珠では、女性用の主玉は6~8mm前後の大きさです。

>>女性用数珠はこちら

男性用
男性用の数珠

片手用数珠では、男性用の主玉は10~12mm前後の大きさです。

>>男性用数珠はこちら

子供用
子供用数珠

数珠を持つ年齢についての決まりはありませんが、4~5才くらいまでのお子様には、コンパクトな子供用数珠もございます。

>>子供用数珠はこちら

略式数珠(片手念珠)・本式数珠(宗派別念珠)で選ぶ

片手数珠
片手数珠

略式数珠ともいわれ、急なお葬式や法要などで宗派を気にせず使用できる数珠です。初めて数珠をお求めになる方や、宗派にこだわりのない方には、こちらの略式数珠がおすすめです。

>>片手数珠はこちら

本式数珠
本式数珠

宗派にあわせた、より正式な数珠です。各宗派により仕様が異なりますので、お求めになる場合は、ご自身の宗派をよくご確認の上お選びください。また、既婚女性の場合には、嫁ぎ先の宗派にあわせた数珠をお選びいただく形が基本です。

>>本式数珠はこちら

本式数珠の種類

禅宗
禅宗
浄土宗
浄土宗
日蓮宗
日蓮宗
真言宗
真言宗
天台宗
天台宗
浄土真宗
浄土真宗

玉の材質や色で選ぶ

基本的に、数珠の素材に絶対にこれでなければならないという決まりはありませんので、使用される方の年代や性別に関係なくお選びいただけます。数珠は長く使用するものですので、ご自身で気に入ったものをお選びいただくことをおすすめします。

木製
木製数珠のアップ画像

木製の数珠は、主に[木の実・木製・香木]の3種類の材質が使用されています。木の実は[星月菩提樹・金剛菩提樹]など、木製は[黒檀・桜・屋久杉・栴檀]など、香木は[白檀]などがあります。また、使い込むとともに色の変化をお楽しみいただける特長があります。

石製
石製の数珠アップ画像

石製の数珠は、主に[水晶・虎目石・メノー・翡翠・オニキス・キャッツアイ・オパール・カルセドニー]などの材質が使用されています。色合いそのものに加え、石の意味などを参考にお選びになる方も多くいらっしゃいます。

石製の数珠の種類

透明(水晶)
透明(水晶)
黒色(黒オニキス)
黒色(黒オニキス)
赤色(メノー)
赤色(メノー)
緑色(苔メノー)
緑色(苔メノー)
茶色(茶水晶)
茶色(茶水晶)

房の形や色で選ぶ

数珠の房にも種類があり、[切房・梵天房・釈迦梵天房・より房・頭付房・籠編]などがよく使用されます。宗派別の本式数珠は、房の形についても決まりがある場合もございますのでご注意ください。また、房の色は珠との組み合わせによって全く違った雰囲気になりますので、珠と房をセットで検討されることもおすすめです。

材質と房の色をあわせた仕上げ
材質と房の色をあわせた仕上げ

素材と同系色の房をあわせると、全体的に統一感のある仕上がりとなります。

アクセントとなる親玉などにあわせた仕上げ
アクセントとなる親玉などにあわせた仕上げ

親玉や点玉などに用いられる石と同系色の房をあわせると、アクセントのある仕上がりとなります。

房の形の種類

より房
より房
頭付房
頭付房
釈迦梵天房
釈迦梵天房
籠編
籠編
叶房
叶房

費用感で選ぶ

数珠の価格帯は、材質の希少価値による場合と、作りの違いによる場合がございます。ご自身の用途やお好みに合わせてお選びください。

人工樹脂・ガラス製等の数珠
人工樹脂・ガラス製などの数珠

【価格の目安】
2,000~5,000円程度

人工樹脂・ガラス製・プラスチック製などの、お求めやすい価格帯の商品です。急遽のご準備などによく使用されています。

木製の数珠
木製

【価格の目安】
2,000~20,000円程度

木の希少性・加工の難しさなどにより価格が変動します。黒檀や紫檀などの仏壇で使用される銘木に加え、日本の期の数珠も人気です。

石製の数珠
石製

【価格の目安】
5,000~20,000円程度

石の希少性・加工の難しさなどにより価格が変動します。誕生石などは高額になる傾向があります。

本式数珠
本式数珠

【価格の目安】
9,000~20,000円程度

玉の材質や房の形などは、各宗派ごとに異なります。

>>本式数珠はこちら

子供用数珠
子供用数珠

【価格の目安】
200~2,000円程度

子供用数珠は、お子様の手に合わせて小さめに作られています。

>>子供用数珠はこちら

高級数珠
高級数珠

【価格の目安】
要お問い合わせ

材質の希少性、玉の大きさや色合わせの難しさによって高級な価格帯になる場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

長持ちさせるためのポイント

数珠と数珠袋のセット画像

数珠を長持ちさせるためには、数珠袋をご使用いただくことがポイントです。数珠袋に入れて保管することで房にかかる負担が少なくなり、房が長持ちします。特に男性がポケットに入れたままということもよくありますが、房がよれたり傷んだりしますので、男性の方も数珠袋のご使用をおすすめいたします。お数珠ご購入の際には、数珠と合わせて数珠袋をセットでご購入されることをおすすめいたします。

>>数珠袋はこちら

紐が切れてしまったら

数珠を持っている人のイメージ

数珠の紐が切れてしまった場合にも繋ぎ替えが可能ですので、専門店にご相談ください。弊社の場合、承ってからお渡しまでは約1.5~2か月ほど※日数がかかりますので、ご依頼される際は、ご法事を控えていないタイミングでの繋ぎ替え依頼をおすすめいたします。また、数珠はいくつお持ちいただいても問題ありませんので、繋ぎ替えの間は、別の数珠を購入してお持ちになる方もいらっしゃいます。※数珠の種類や状態によっては異なる場合もございます。

>>仏壇仏具の修復に関して詳しくはこちら

数珠の選び方に関するよくあるご質問

数珠を購入する際、必ず宗派別のものを購入する必要がありますか?
数珠は、各宗派ごとに形が決まっている「本式数珠」と、各宗派共通の「略式数珠」の2種類がございます。正式には各ご宗派専用の本念珠をご用意なさるとよろしいかと存じますが、一般的には宗派を問わない「片手念珠」をご購入される方が多いです。
2連タイプの数珠を葬儀で使用するのは問題がありますか?
2連タイプのお数珠は、各宗派ごとに形が決まっている「本念珠(ほんねんじゅ)」に該当します。本来は本式念珠を使用するのが正式な形ですので、お手元にある2連のものをご使用いただき問題ございません。
数珠の玉は1種類と決まっているのでしょうか?
数珠の玉の種類に決まりはございませんので、複数の種類を組み合わせていただいても問題ございません。はせがわにおいても、翡翠と水晶の組み合わせなど、様々な種類の数珠をお取り扱いしております。