法事の挨拶に関する基礎知識

法事の挨拶に関する基礎知識
「法事の挨拶」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 法事…法要(僧侶による読経などにより供養を営むこと)の後に行われる会食までを含めた一連の行いのこと。

Q1.開眼法要の会食の場で喪主として挨拶する際、これだけは外せないといったポイントはありますか?

開眼法要で最後の会食の際に喪主として挨拶をするにあたり、挨拶の内容を検討しています。親戚だけの場なので、かしこまりすぎず柔らかい言葉で挨拶を行いたいのですが、その際に「これは言わないといけない」といったポイントがあれば教えてください。

A.開眼法要を行うにいたった経緯が分からないため何とも申し難いのですが、しいて言えば、お越しくださった方への労いの言葉が大切かと存じます。

開眼法要を行うにいたった経緯(お悔みがあった、お墓を建立したなど)が分からないため何とも申し難いのですが、基本的に挨拶の内容に決まりはありません。しいて言えば、お越しくださった方への労いの言葉(お寺様も同席なら同様にお礼を伝える)が大切かと存じます。

Q2.義父の一周忌法要で挨拶をする際、義父のことをどう呼ぶべきですか?
また、挨拶のタイミングは会食時で問題ないでしょうか?

義父の一周忌法要を営むにあたり挨拶を頼まれたのですが、挨拶の際には義父であっても「父」と呼んでよいのでしょうか?それとも「義父」とした方がいいのでしょうか。

また、挨拶は、読経~焼香~会食と予定しているうちの会食のタイミングで行う形で問題ないですか?

A.特別の理由がなければ「父」と及びいただき問題ないかと存じます。
また、法要時のご挨拶は、仰る通り会食の前後に行っていただき構いません。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676