四十九日法要の法事・法要に関する基礎知識

四十九日法要の法事・法要に関する基礎知識
四十九日の「法事・法要」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 四十九日(しじゅうくにち)…亡くなられてから四十九日法要が行われるまでの期間のこと。(神式の場合は五十日祭まで)「忌中(きちゅう)」とも言い、それ以降は「忌明け(きあけ)」と呼ばれる。
  • 四十九日法要…命日から49日目に行う、故人を偲び冥福を祈るために営む追善法要のこと。「四十九日」と省略されて呼ばれる場合もある。

Q1.四十九日法要と一周忌法要を一緒に行っても問題ないでしょうか?

四十九日法要を行う際、諸事情により一周忌の法要も一緒に行いたいと思っていますが問題ないでしょうか?

A.皆様の総意であれば問題ございません。

ご親戚などが遠方で何度もお越し頂く事が困難な場合などのご事情により、一緒に行うこと場合もございますので、皆様の総意であれば問題ございません。ただし、念のため菩提寺には事前にご相談ください。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676