お仏壇に供える花に関する基礎知識

お仏壇に供える花に関する基礎知識
お仏壇に供える「花」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 仏壇(ぶつだん)…信仰の中心となる本尊(仏像)やご先祖様の位牌などを祀り、供養を行うための場所(台)。もとは、寺院にある「内陣(ないじん)※ご本尊を安置してある本堂のこと」をミニチュア化して一般家庭に持ち込むために作られた。

 

Q1.お仏壇に鉢花をお供えするのはマナー違反ですか?

お仏壇に対して常にお花を供えておきたいと思うのですが、鉢花をお供えするのはマナー違反でしょうか?

A.やむを得ない場合には、造花や鉢植えなどのお花をお供えされてもマナー違反にはなりません。

絶対的な決まりはございませんが、一般的に鉢植えはお仏壇にお供えいたしません。

本来、どれだけ綺麗でもいつか枯れてしまうことから、仏教においてお花は「諸行無常」という仏様の教えを表すといわれているため、基本的には生の切り花をお供えすることが大切とされています。

しかし、何よりも大切なのはご先祖様を想う感謝の心ですので、お花を定期的に取り換えるのが難しい場合には、造花や鉢植えなどのお花をお供えされてもマナー違反にはならないかと存じます。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求