生前葬に関する基礎知識

生前葬に関する基礎知識
葬儀の種類の1つである、「生前葬」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 葬儀(そうぎ)…ご家族やご友人、知人などが故人様のご冥福を祈り、死者を葬るために行う儀式のこと。故人様との最期のお別れの場としての意味も持つ。
  • 生前葬(せいぜんそう)…送らられる側の人が、生前のうちに自分自身で営む葬儀のこと。宗教的な儀式を行うことはまれで、「元気なうちに、今までお世話になった方への感謝の気持ちを伝えたい」といった場合にお別れ会のような形で開かれることが多い。

 

Q1.生前葬を済ませ、実際に亡くなった際には通常の葬儀とどのような部分が変わりますか?

昨年生前葬を行なったのですが、実際に亡くなった際には、一般的な葬儀とどのような部分が変わってくるのでしょうか?

A.生前葬を行った場合、基本的にはお通夜や葬儀・告別式は省略される形になりますが、その他は通常の葬儀とほぼ同様です。

生前葬を行った場合、基本的にはお通夜や葬儀・告別式は省略される形になります。その他、ご臨終から納棺、出棺から火葬、ご納骨までの一連の流れは通常の葬儀とほぼ同様です。残されたご家族にご迷惑をかけないためにも、エンディングノートなどを使用して、実際に亡くなってからのプランを事前に計画されておいた方が安心です。

 

Q2.生前葬を行う場合、具体的にどのようなことを行いますか?また、相場はいくらくらいでしょうか?

「終活」の取り組みとして生前葬を行おうかと思っているのですが、具体的にどのようなことを行うのか、また費用相場などを教えてください。

A.生前葬の内容には特に決まりはありませんので、「お世話になった家族やご友人を招き、感謝の気持ちを伝える」という趣旨のもと、 自由にお決めいただけます。

生前葬の内容には特に決まりはありませんので、「お世話になった家族やご友人を招き、感謝の気持ちを伝える」という趣旨のもと、 自由にお決めいただけます。一般的な生前葬では、会場はホテルの宴会場や飲食店などを利用し、下記のような内容で行われることが多いです。

・乾杯と会食、主催者様(ご本人)や参加者様からのスピーチ
・参加者様からのプレゼントや花束の贈呈
・主催者様の人生を振り返る写真の投影や映像の上映
・主催者様の思い出の曲や好きな曲を一同で合唱
・ビンゴやカラオケなどの余興タイム

また、費用に関しては内容や規模によって大きく異なりますので、これといった目安はございませんが、最低限、案内状などの物品、会場費、運営スタッフの人件費はかかるかと存じます。

Q3.世間的に、生前葬にはよくないイメージがあるものでしょうか?

テレビで生前葬のことを知り、私も行ってみたいと思っているのですが、知人からは「あまりよい印象がない」と言われました。世間一般では生前葬はよくないイメージがあるものなのでしょうか?

A.まだ主流な儀式ではございませんので、中にはよく思わない方もいらっしゃるとは存じますが、近年は「終活」の一環として生前葬も注目されており、一概によくないイメージがあるわけではないかと存じます。

まだ主流な儀式ではございませんので、中にはよく思わない方もいらっしゃるとは存じます。

しかし、近年は「終活」の一環として、生前にお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝えることができる「生前葬」も注目されていますので、一概によくないイメージがあるわけではないかと存じます。

実際に行う際には、事前に参列者へご配慮を行った上で、丁寧に手順を踏んでいただければ、誤解を生まずに段取りよく執り行うことができるでしょう。

 

Q4.生前葬に参列する際、服装や香典に決まりはありますか?

友人の生前葬に参列することになりましたが、初めてのため基本がよく分かりません。当日の服装や香典はどうしたらよいのでしょうか?

A.生前葬の場合は、服装はカジュアルスタイル、香典は「会費」という形でお渡しする場合が多いです。ただし、主催者のお考えによって大きく異なります。

生前葬の場合は通常の葬儀とは異なり、主催者が健在ということや、しんみりせず明るく行いたいなどのご意向が多いです。そのため、服装については喪服ではなくカジュアルスタイル、香典に関しては「会費」という形でお渡しする場合などがあります。

ただし、主催者のお考えによって大きく異なりますので、事前に直接お問い合わせておかれるとよいかと存じます。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求