ご葬儀まで 通夜の前に決めること(2)

喪主の決定

喪主とは遺族の代表者です。
生前、故人様が指名していればどなたがなってもかまいません。
指名がなかった場合は家族で協議しますが、故人様と縁が深く、葬儀後も故人様を供養できる人が喪主となるのが最も自然でしょう。
ただし未成年者や高齢の方は避けるのが普通です。結婚して姓が変わっても、実の娘なら喪主になることができます。

世話役と諸係を決める

喪主や遺族は弔問客やご住職への対応に忙しく、また悲しみの中にいるので、葬儀のすべてを取り仕切るのは実際には困難です。そこで葬儀全般 を管理する世話役が必要になります。
世話役はふつう、親戚や知人、近所の人や町内会の役員などに頼みます。
葬儀運営の中心的な役ですから、喪家の事情に通じた人、経験豊かで気配り・心配りのできる人にお願いします。葬儀社の人が務めることもあります。
ほかに受付、会計、会場整理、進行、接待駐車場案内などの諸係も必要です。
香典・現金を扱う受付や会計は、信頼のおける方にお願いしましょう。
ただし身内の方が受付にいると、その場でお悔やみの言葉を述べることになり、受付の流れが止まるので避けた方がよいでしょう。

通夜後に宿泊する人数を確認する

通夜当日に、式場で仮眠・宿泊するのが誰か、またその人数を確認しておきます。
布団の手配もありますので、通夜開式前に葬儀社に人数を伝えましょう。
(式場によって、仮眠・宿泊ができない、逆に仮眠・宿泊しなければならない場合もございます。)

遺族・親族の席次を決める

式場の作りや弔問者の人数に応じて席次のパターンは色々ありますが、故人様に近い場所で、焼香する人に最も挨拶がしやすい場所に喪主は座りましょう。

供物・供花の配置を決める

祭壇に近く、高いところが上座です。
親戚や会社関係者両方から生花が届いているときは縁の深い順に並べ、上下関係にこだわらなくていい生花は先着順に並べてかまいません。
最近では問題が生じないようにと生花に名札をつけず、式場入り口などに芳名板にアイウエオ順で送った人の名を一括して掲示する方法がとられることもあります。

一覧に戻る