お供えの掛け紙(のし)に関する基礎知識

お供えの掛け紙(のし)に関する基礎知識
お供え物をお渡しする際にかける、「お供えの掛け紙(のし)」に関する基礎知識をご紹介します。また、お供えとして現金をお渡しする場合の不祝儀袋の表書きについても併せて解説します。
  • お供え…仏前や神前に供えるもののこと。「遺族が仏壇などに日々お供えするもの」と、「遺族以外が弔事の際にお供えとして贈るもの」の2種類に大きく分けられる。
  • 掛け紙(かけがみ)…弔事の贈り物にかける、水引が付いた紙のこと。右上に「熨斗(のし)」の飾りがついている熨斗紙は慶事用のため、弔事には使用しない。

Q1.一周忌を過ぎた方へ向けて弔慰金とお供え物をお渡しする際の、かけ紙と不祝儀袋の表書きや渡し方など、基本的な作法を教えてください。

一周忌を過ぎた方に向けて、お金とお供え物をそれぞれお渡しする際の表書きの書き方と、渡し方を教えてください。

また、手渡しではなくお仏壇に直接お供えする場合は、どのような手順で置けばよいのでしょうか?

A.基本的な表書きはどちらも「御仏前」です。お渡しする際は、可能であればお仏壇に直接お供えし、お供え物の上に不祝儀袋を乗せる形で置きましょう。

一周忌を過ぎていらっしゃるのであれば、どちらも基本的な表書きは「御仏前」となります。お供え物については「御供物」と書く場合もありますが、2つとも同じ表書きでも問題ございません。
お渡しについては、お仏壇にお参りできるのであれば、ご遺族の方へお手渡しするよりもお仏壇に直接お供えされることをおすすめします。その際、お供物台などのご用意がない場合は、お仏壇の右脇あたりにお供え物を置き、その上に不祝儀袋(お金)を乗せるとよいでしょう。

Q2.動物供養の年祭に出席する際、お供え物の表書きはどのように書けばよいでしょうか?

動物供養の年祭(仏事)に出席する際にお酒をお供えするのですが、この場合の表書きはどのように書くのがよいのでしょうか?

 

A.「御供物」または「御供」と書くのが一般的です。

供養式へのお供え物であれば、お供え物の意を表す「御供物」または「御供」が一般的でしょう。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676