お仏具の揃え方のイメージ

お仏具の揃え方

まずは何を準備すべき?

お仏具をお飾りすることで、お仏壇に「浄土」の世界が表されるといわれています。
とはいっても何が必要なのか、わからない方も多いことでしょう。
宗派によって異なる部分もありますが、お仏具の基本的な揃え方をご紹介します。

最初に揃えるべきお仏具

お仏具は、「お位牌」や、「ご本尊」とその左右脇に並べる「両脇仏」など、礼拝の対象になる「礼拝仏具」と、それ以外の「一般仏具」に分かれます。

・お位牌

亡くなられた方の、戒名やご命日、俗名(生前のお名前)などを記した、塔の形を模したお仏具です。「故人の霊魂が宿る場所・依代(ヨリシロ)となる」とされています(浄土真宗ではお位牌をお祀りしません)。

ご本尊・両脇仏

お仏壇の中心に飾る「ご本尊」と、その両脇に飾る「両脇仏」は、仏像(彫刻)あるいは絵像である掛け軸でお祀りします。宗派にもよりますが、仏像(彫刻)、掛け軸のどちらでお祀りしても構いません

ここでは八宗(天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗本願寺派、浄土真宗大谷派、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗)のご本尊・両脇仏の揃え方を、掛け軸でご紹介します。

【天台宗】

脇仏(左):
伝教大師

本尊:
座弥陀

脇仏(右):
智者大師

【真言宗】

脇仏(左):
不動明王

本尊:
大日如来

脇仏(右):
弘法大師

【浄土宗】

脇仏(左):
法然上人

本尊:
阿弥陀如来

脇仏(右):
善導大師

【浄土真宗(本願寺派)】

脇仏(左):
蓮如上人

本尊:
阿弥陀如来

脇仏(右):
親鸞上人

【真宗(大谷派)】

脇仏(左):
九字名号

本尊:
阿弥陀如来

脇仏(右):
十字名号

【臨済宗】

脇仏(左):
普賢菩薩・花園法皇

本尊:
釈迦如来

脇仏(右):
文殊菩薩・無相大師

【曹洞宗】

脇仏(左):
常済大師

本尊:
釈迦如来

脇仏(右):
承陽大師

【日蓮宗】

脇仏(左):
鬼子母神

本尊:
御曼荼羅・三宝尊・日蓮聖人

脇仏(右):
大黒天

・三具足

写真の三具足名称:左から「花立」「香炉」「火立」

三具足

一般仏具の中で最初に揃えるべきなのが、【1】お花を挿す「花立(はなたて)」【2】お香を焚く「香炉(こうろ)」【3】ロウソクを灯す「火立(ひたて)」。この3つをまとめて「三具足」と呼び、宗派に関係なく重要とされています。

・その他の一般仏具

使い方や役割とあわせてその他の一般仏具についてご紹介します。

りん長く響く音を鳴らして、供養の気持ちを仏様や極楽浄土に届けます。

仏飯器(ぶっぱんき)ご飯を盛ってお供えします。

湯呑(ゆのみ)お茶やお水を入れてお供えします。真宗では使われません。

線香差(せんこうさし)お線香を数本差しておきます。

仏器膳(ぶっきぜん)仏飯器や湯呑を置いて、一段高くしてお供えします。

高杯(たかつき)お菓子や果物を置いてお供えします。

ローソク消しローソクの火を消すお仏具です。

過去帳・過去帳見台ご先祖の戒名・法名や亡くなられた年月日などが書かれます。

常花(じょうか)蓮の花をかたどったもので、お仏壇の内部に飾ります。

お仏具の飾り方

ご本尊、お位牌、お仏具は、原則として、ご本尊を一番高い中央に、それより低い段にお位牌、さらに低い段に三具足を配置します。三具足の並べ方は、中央に香炉、右に火立、左に花立が一般的です。宗派によって多少の違いがありますが、ご本尊を中心にお位牌やお仏具を並べるといいでしょう。

このように飾り方の基本はあるものの、お仏壇の大きさ、スペースの問題もあり、すべてを揃えられないケースもあります。「お線香をあげたい」「ご飯をお供えしたい」などどんな供養をしたいかで選ぶのがいいでしょう。

近年では、無宗派の方も増えていて、思い思いの形で供養されるようになっています。
例えば、はせがわの仏壇コレクション「LIVE-ing」では、カリモク家具様と共同で「想いのまま、自由に飾れる、新しい発想のお仏壇」を開発しており、お仏具に関しても新しいお仏壇にあったものをご用意しています。

お仏壇・お仏具のアレンジ例についてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

お仏壇はもちろん、お仏具のコーディネートも含めて、「はせがわ」ではお客様のご要望やライフスタイルにあったご提案をしています。ぜひお気軽にご相談ください。