お仏壇を置く向きに決まりはある?その意味から注意点まで解説

お仏壇を置く向きに決まりはある?その意味から注意点まで解説
お仏壇の置く場所といえば仏間や床の間でした。それは住宅の設計がお仏壇を置く前提でされていたからです。現在ではマンションなど和室のない住宅も多くなりました。このページではお仏壇を用意するにあたって置く場所の向き(方角)の決まりの有無から注意することについてまでご説明します。

置く向きに決まりはある?

 置く向きに決まりはある?

お仏壇を新しく用意する、新築やリフォーム、引越しをする、世代交代でお仏壇を移動する、または買替えなどの場合に「お仏壇の置く向き(方角)に決まりはあるの?」という疑問がでます。
結論としては、置く向きに決まりはありません。ご家族でお参りのしやすい場所を選んでいただくとよろしいでしょう。最近は家族の集まるリビングにお仏壇を置きたいという希望も増えてきているため、大きなお仏壇からモダンなお仏壇やコンパクトなお仏壇への買替えの相談も増加しています。

お仏壇の買替え(処分)について詳しくはこちら

お仏壇処分ページのサムネイル画像

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

よくいわれる3つの考え方

3つの考え方

お仏壇の置く向きに明確な決まりはありませんが、諸説あります。ここでは、よくいわれる3つの説とその理由とあわせてご紹介します。置く場所の候補が複数あった際の参考にされるとよろしいでしょう。

南面北座説(なんめんほくざせつ)

南面北座説

お仏壇を南向きにご安置します。お参りする私たちは北の方角を見て手を合わせることになる置き方です。
昔、中国では君主(天子)は南を向いて座ったこと(「天子は南面す」という)に由来します。京都御所の紫宸殿(南殿ともいう)も同様に南を向いています。
ご先祖様を敬う気持ちから、お仏壇を南に向けて置くという考え方がうまれたとされます。

西方浄土説(さいほうじょうどせつ)

西方浄土説

お仏壇を東向きにご安置します。お参りする私たちは西の方角を見て手を合わせることになる置き方です。

仏様のいる煩悩のない安住の地である極楽浄土は人間界から遠くはなれた西にあるとされることに由来します。

本山中心説

本山中心説

お参りする私たちは各宗派の本山の方向を見て手を合わせることになる置き方です。
同じ宗派であっても自宅と本山の位置関係が異なりますので、お仏壇を置く方角は異なります。

※各宗派の本山は表を参照ください。

 宗派 本山 所在地
天台宗 比叡山延暦寺 滋賀県
真言宗 高野山金剛峰寺 和歌山県
浄土宗 知恩院 京都府
浄土真宗
本願寺派
西本願寺 京都府
真宗大谷派 東本願寺 京都府
臨済宗 建仁寺
妙心寺
京都府
曹洞宗 永平寺
總持寺
福井県
神奈川県
日蓮宗 身延山久遠寺 山梨県

無宗教なら?

無宗教なら?

特定の宗教がない方でも手を合わせる場としてお仏壇をご用意されています。「南面北座説」で南向きにお仏壇を置いていただいてもかまいませんし、下記のような考え方もあります。

春夏秋冬説

四季である春夏秋冬は方角に当てはめることができます。四季はそれぞれ恵みをもたらしてくれるもので大切なものであるから、どの方角も大切であると考える説です。

  •  …芽吹きの季節
  •  …実を結ぶ季節
  • 西 …収穫の季節
  •  …収めの季節

十方浄土説

東・西・南・北・上・下・東南・西南・東北・西北の十の方向(すべての向きと考えられる)にあるお浄土を表現しています。あらゆる方向に極楽があるという考えですので、方角を気にすることなくお参りのしやすい場所にお仏壇を置きましょう。

このようにどの方向にお仏壇を置いても問題のない考え方になります。方角にとらわれずにお参りされてはいかがでしょうか。他には太陽が昇る東に向かい手を合わせることができるように、西向きにお仏壇を置くという考え方もあります。

適した部屋と注意点

適した場所と注意点

これまで見てきたように、お仏壇を置く方向はさまざまなです。ここでは置く部屋とそこでの注意すべき点についてご説明します。

部屋の決め方

仏間や床の間などのお仏壇を置く専用スペースが既にあるのでしたら、そちらに置かれるとよろしいでしょう。
マンションなどで和室のない住宅も増えてきました。決まったスペースがない場合は家族が集まりやすい場所という視点で検討されるとよろしいでしょう。リビングにお仏壇を置くことを選ばれる傾向にあります。
寝室に置かれる場合、ベットなどで寝るときに足の方にはお仏壇を置かない方がよろしいでしょう。恩人や感謝、尊敬の意をあらわす慣用句にもあるように失礼にあたらないようにとの考え方です。

避けた方がいいい場所は?

直射日光やエアコンの風が直接あたる場所、湿度の高い場所は避けましょう。お仏壇は木を主としてでできていますので、風通しのよい場所が好ましいです。

北向きはいけないの?

お釈迦様が沙羅双樹の下で涅槃に入られた(亡くなった)のが北側に頭があったということから、葬儀でも北枕の考えがあります。そうしたことや南にお仏壇を置くことから風通しが悪くなるといったこともあり避けられる傾向があったようです。さまざまなな説がありますので、北向きにしてはいけないという決まりはありません。

家相の考え方

家相は住宅などの建物の間取りの方位(方角)で運勢を占う方法です。中国から伝わった思想が日本で陰陽道などと融合した考え方で江戸時代に一般に広まったとされています。住環境の変化で現代の間取りはさまざまになっています。そのため基準点の考え方や流派などにより答えもさまざまなようです。

その中の一つで鬼門の考えがります。鬼門は丑寅の方角(北東)をさし、鬼(邪気)が出入りする方角です。お仏壇もよくないのではないかとの説もあります。

風水の考え

風水は中国で生まれた気の流れを使った開運のための環境哲学のことです。日本にも伝わり、陰陽道や家相として取り入れられ、独自に発展していったと考えられています。鬼門にはお仏壇を置かない方がいいとの説があります。風水にも流派がありそれぞれで方角についての考え方もかわるようです。

神棚と同じ部屋でも大丈夫?

お仏壇と神棚を同じ部屋に置くことに問題はありません。気をつけるべきは部屋の中でどう置くかになります。

  • お仏壇の上に神棚となる位置は避けましょう。仏様、神様の上下関係は考えられていないためです。
  • お仏壇と神棚を対角線上に置くことも避けましょう。手を合わせと、もう片方にお尻を向けることになるためです。

まとめ

まとめ

お仏壇の置く向き(方角)にはさまざまな説、いわれがあります。明確な決まりはないようなものです。ご心配であればお寺に相談をするのもよろしいでしょう。仏壇仏具店で相談をしてアドバイスをもらうこともできます。
はせがわの店舗検索はこちら>>

お仏壇は仏様、ご先祖様への敬いと感謝の気持ちを伝える場です。そのため皆さまが集まりやすい、お参りをきちんとできる場所が最適な置く所といえます。方角にこだわらずにその気持ちで場所選びをされるとよろしいでしょう。

■お仏壇の選び方についてはこちら

仏壇の選び方

お仏壇の選び方とは?置く場所の違いなど5つの観点から解説

お仏壇の置く場所、デザインなどお仏壇の準備で必要なことを5つのポイントで解説いたします。