お仏壇はいつ、どこで用意する?購入時の注意点とタイミングを解説

お仏壇はいつ、どこで用意する?購入時の注意点とタイミングを解説
頻繁に購入することのないお仏壇は、わからないことだらけです。このページでは、お仏壇の購入するタイミングや、店舗をはじめオンラインショップのメリット、デメリットを説明します。合わせて、お仏壇を購入した後にすべきことも紹介します。

買うべきタイミングはいつ?

買うべきタイミング

お仏壇を用意する時期に決まりはありません。手を合わせる対象は身近な亡くなったご家族だけでなく、今まで命を繋いでくださったご先祖様への感謝も含まれるからです。
また「お悔みでない時にお仏壇を買うと新仏が出る」という話もありますが迷信です。

お悔み後に

一番お仏壇を用意することが多いタイミングになります。葬儀の後には四十九日法要があり、仮位牌(白木位牌)から、本位牌に変えます。そのお位牌と合わせてご用意される傾向があります。
※宗派によりお位牌ではなく過去帳や掛軸の場合もあります。

法要にあわせて

葬儀から四十九日法要まで、手続きなどやらなくてはいけないことが多くあります。大切なご家族を亡くした悲しみもあり、お仏壇の準備をお悔み後すぐにするのは難しいこともあります。少し落ち着いてきた、一周忌やお盆、お彼岸などの法要に合わせて準備することもあります。

買替えで

引越しなどの機会に、今まで手を合わせてきたお仏壇から変更することもあります。「新しくしたい」「今までのお仏壇が痛んできた」「新しい家には大きさやデザインが合わない」などの理由があります。閉眼供養など忘れずにしましょう。古いお仏壇の処分をおこなっている仏壇店が多くあります。

お仏壇の処分について詳しくはこちら

お仏壇処分ページのサムネイル画像

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

生前での用意

生前にお仏壇を用意することを「寿院(じゅいん)」といい、よいこととされています。今までの悪いことや穢れを祓い生まれなおす意味があり、長寿を約束されたと考えられているからです。またお墓と同じように、配偶者や次の世代(子どもたち)に負担にならないようにと検討をされるようにもなりました。ご家族で大きさやデザインなど事前に相談をして準備をするのがよろしいでしょう。

お仏壇を買う場所と注意点

店舗

お仏壇を購入できる場所は増えています。失敗のないように、と事前に情報を収集してから購入する方も多くなっています。何よりも一番大切なのは信頼できる、買った後も安心して相談ができる所で求めることです。ここでは購入場所の注意すべきメリットデメリットを説明します。

仏壇仏具店

仏壇店でも郊外にある車で行くお店、百貨店やショッピングセンターにあるお店、と店舗形態はさまざまです。お仏壇やお仏具の修理相談もできます。

メリット

  • 来店予約ができる
  • 実物を見て購入できる
  • お仏具などのお仏壇本体以外も一緒に見る、実際に飾ることができる
  • 家族で一緒に見れる
  • その場でお仏壇からお仏事まで相談ができる

デメリット

  • 店舗の広さによりお仏壇の数が限られる場合がある
  • 敷居が高く感じる(入りにくい)お店がある
  • 近場にない場合がある
  • 混んでいると相談するまでに時間がかかる場合がある

ホームセンター

神棚や神具とあわせて販売をしているホームセンターもあります。

メリット

  • 実物を見て購入ができる
  • 安価な商品が多い
  • 家族で一緒に見れる

デメリット

  • お仏壇の専門店ではないので陳列している数に限りがある
  • お仏具のバリエーションがない
  • お位牌の扱いがない
  • 専門のスタッフではないので仏壇仏具などの相談ができないことが多い

ECサイト

オンラインショップ単独のサイトもあれば、実店舗をかまえる仏壇店が運営している公式通販サイトもあります。

メリット

  • 家で好きなタイミングで検索ができる
  • 実店舗に置きれない数のお仏壇を見ることができる
  • いくつかのサイトを簡単に比較できる
  • 店舗に行く前の下調べができる

デメリット

  • 実物を見ることができないため、色味などが分かりにくい
  • お仏具などを一緒に飾ってイメージすることが難しい
  • リアルタイムで相談ができない

仏壇公正取引協議会

お仏壇の違いはわかりづらく、比較が難しいものです。安心してお仏壇を求めるためには【仏壇公正取引協議会】に加盟している仏壇屋での検討をしましょう。お仏壇の品質表示、原産国表示についてのルール(ガイドライン)を遵守しているお店になるからです。

当社が加盟している仏壇公正取引協議会について詳しくはこちら

仏壇公正取引協議会

仏壇公正取引協議会とは

より安心してお仏壇を購入できるよう情報提供することを目的として設立されました。

「お仏壇のはせがわ」の製造販売

はせがわのオリジナル商品は、企画・製造から販売までを一貫して手がけています。あいだに問屋を挟まないことで、お客様に安心の価格で提供ができます。国内外の仏壇製造工場において、責任をもって厳しいはせがわ品質をクリアしたお仏壇を提供いたしています。
※ はせがわのオリジナル商品に限ります。

はせがわの製造

はせがわでは、店舗、オンラインショップどちらでもお仏壇の検討、購入ができます。
はせがわの店舗検索はこちら>>

購入前の準備と確認

購入前の準備

お仏壇の購入前に確認すべきことを説明します。お仏壇はご先祖様の家とも考えられますので、じっくり検討しましょう。また、皆さまで手を合わせる場になりますのでご家族でご相談されるとよろしいでしょう。

宗派の確認

宗派を確認しましょう。お仏壇やお仏具、お位牌に決まりごとがある場合があります。宗派が分からない場合は、ご実家をはじめご親戚やお寺に確認ください。

置く場所の決定

お仏壇を置く場所に明確な決まりはありません。仏間や床の間に置くことが一般的でしたが、住環境の変化で和室のない住宅も多くなりました。リビングなど洋室も多く選ばれるようになっています。
お参りのしやすく、風通しのよい湿気が少ない場所、直射日光やエアコンの風があたらないことが理想です。

タイプ

台の上に置くタイプ、床から置くお仏壇があります。また、それぞれに伝統的なお仏壇、モダンなお仏壇とあります。置く場所に合わせて検討しましょう。置く場所とタイプが決定しましたら、その場所の寸法(高さ・幅・奥行)を測りましょう。

価格

お仏壇単独のものもあれば、仏具とセットになっている価格もあります。金額には何が含まれるのか、いくらになるのかを確認するためにも見積をとりましょう。
お仏壇本体は、求めやすいもので50,000円くらいからありますが、価格のいいものは1,000,000円以上するものまであります。大きさや材質、デザイン、産地などによって変わってきます。貴重な木材や伝統技法がふんだんに使用されると価格はあがります。

■お仏壇の選び方についてはこちら

仏壇の選び方

お仏壇の選び方とは?置く場所の違いなど5つの観点から解説


お仏壇の置く場所、デザインなどお仏壇の準備で必要なことを5つのポイントで解説いたします。

お仏壇を用意したら

お仏壇を用意したら

開眼供養(かいげんくよう)

お仏壇やお位牌、お墓を用意したあとには開眼供養をおこないます。魂入れ、仏壇開きなどともいわれます。僧侶による読経を経て、物から手を合わせる対象へとなると考えらています。
事前に、どこで(自宅・寺院・葬儀会館)、いつ(四十九日などの法要と合わせて、または開眼供養のみ)するのかをお寺と確認をしましょう。

掃除

部屋や家具と一緒でお仏壇もほこりなど汚れてしまうものです。こまめなお掃除をしましょう。方法としては薬品は使用せず、やわらかい布や毛払いを使用してお掃除をします。金箔や細かい細工のあるお仏壇は特に注意しましょう。
お仏壇の購入時や保証書などでお掃除方法の説明もされます。

まとめ

まとめ

お仏壇は安心、納得をして購入できるお店を選び求めましょう。仏壇公正取引協議会の加盟店から選ぶのがよろしいでしょう。
また、購入後のアフターフォローがしっかりしているとご供養での不明点やお仏壇の悩みがでた際にも対応をしてくれます。

はせがわの店舗検索はこちら>>