お仏壇の宗派に関する基礎知識

お仏壇の宗派に関する基礎知識
宗派ごとにお仏壇に違いはあるのか、「お仏壇の宗派」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 仏壇(ぶつだん)…信仰の中心となる本尊(仏像)やご先祖様の位牌などを祀り、供養を行うための場所(台)。もとは、寺院にある「内陣(ないじん)※ご本尊を安置してある本堂のこと」をミニチュア化して一般家庭に持ち込むために作られた。

Q1.宗派・姓の異なる故人を供養する際、お仏壇や仏具などはどのように準備したらよいでしょうか?

先日義母が亡くなった際、妻が喪主となり葬儀を行い、その流れで自宅での供養もこちらの家で行う形になりました。しかし、亡くなった義母は浄土真宗、私たちの宗派は曹洞宗のため宗派が異なります。

お仏壇の用意自体これから行いますが、宗派も姓も異なる義母を供養していくにあたり、お仏壇や仏具などはどのように準備していけばよいのでしょうか?

A.菩提寺のお考えに問題がなければ1つのお仏壇にまとめてお祀りする場合もあります。

宗派ごとにお仏壇を用意し、一家に2つのお仏壇を祀ってご供養される家庭もありますが、菩提寺のお考えに問題がなければ宗派が異なっても1つのお仏壇にまとめられる場合も多いです。

今後も双方のお寺にご供養をお願いしてくのであれば、それぞれのお寺に「宗派が異なる仏様を1つのお仏壇に祀って問題がないか」をお問い合わせいただくとよいでしょう。

 

Q2.日蓮宗のお仏壇のデザインに決まりはありますか?

福岡に住む両親から、「宗派によってお仏壇のスタイルは決まっており、日蓮宗は金箔を施したお仏壇が基本」だと言われたのですが、こちら(関東)では聞いたことがありません。本当なのでしょうか?それとも地域によって考えが異なるのでしょうか?

A.日蓮宗のお仏壇に絶対的な決まりはありません。

確かに、宗派によってお仏壇の基本スタイルは決まっていますが、日蓮宗のお仏壇としては一般的に唐木のお仏壇が用いられます。ご両親の仰る金仏壇(金箔を使用したもの)は、一般的には日蓮宗ではなく浄土真宗各派を中心に使用されています。

ただし、仰るように地域、またはお寺のお考えによって慣習が異なる場合もございます。

 

Q3.お仏壇には、宗派ごとに違いがあるのでしょうか?

お仏壇には、宗派ごとに違いがあるのでしょうか?

A.仰る通り、お仏壇は宗派ごとに違いがあり、「金仏壇」は主に浄土真宗、「唐木仏壇」は主にそれ以外の宗派で使用します。

仰る通り、お仏壇は宗派ごとに違いがございます。お仏壇には大きく分けて①漆と金箔が使用されている「金仏壇」、②唐木を使用しており木目が見える「唐木仏壇」があり、前者の「金仏壇」は主に浄土真宗、後者の「唐木仏壇」は主にそれ以外の宗派で使用します。

原則は慣習どおりのお仏壇でご供養いただくとよいかと存じますが、菩提寺のお考えによっては必ずしもその通りではなく、浄土真宗でも唐木仏壇を準備なさる方もいれば、浄土真宗以外でも金仏壇をご用意なさる方もいらっしゃいます。

 

Q4.無宗教の場合であってもお仏壇を使用して問題ないですか?
また、開眼供養を行わないと縁起が悪いなどということはありますか?

母が亡くなった際、今まで特定の信仰がなかったため自由葬として葬儀を行なったのですが、父が何らかの形で母を供養したいとお仏壇の購入を考えているようです。

そこでご質問ですが、無宗教であってもお仏壇を使用して問題ないでしょうか?また、開眼供養を行わないと縁起が悪いなどといったことはありますか?

A.無宗教であってもお仏壇をご使用いただき全く問題ございません。
また、「開眼供養」を行わなかったからといって縁起が悪いということはないかと存じます。

無宗教であってもお仏壇をご使用いただき全く問題ございませんし、実際、無宗教の方でもお仏壇をご用意される方もたくさんいらっしゃいます。その場合、ご本尊(お仏像)は置かず、代わりにご俗名を書いたお位牌(俗名位牌)を作ってお祀りされる場合が一般的です。

また、「開眼供養」は一般的にお仏壇ではなく礼拝対象のお仏具(ご本尊やお位牌)に対して行われますが、行わなかったからといって縁起が悪いということはないかと存じます。

 

Q5.仏教徒ではない立場で供養の場を準備したいのですが、お仏壇の代わりとして適した商品はありますか?

先日父が亡くなったため、供養の場を準備する必要があります。私の家は仏教徒ではなく、葬儀の際にもお寺には来ていただいていないため、お仏壇ではない方がいいかと思いましたが、写真立てだけでは少し寂しい気もします。

この場合、何かお仏壇に代わりとして適した商品はありますか?

A.ご希望の通り、お仏壇という形ではなく「ご供養のための飾り台」として用意している商品もございます。

前提として、仏教徒でない無宗教の方などであってもお仏壇をご使用いただいても構いません。

その上で、ご質問者様のご希望のように、お仏壇という形ではなくご供養のための飾り台として用意している商品もございます。お写真立てだけではお寂しいということであれば、ご俗名を刻んだ無宗教用のお位牌(俗名位牌)を別途作ってお祀りされてもよいでしょう。

はせがわの店舗でもお客様のご要望に合ったお品をご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求