初七日まで 年賀欠礼状

没後1年以内に新年を迎える場合には、ほとんどの宗派の場合、年賀欠礼のあいさつが必要です。ふつう11月下旬から12月上旬までに届くように「喪中につき年賀のあいさつを失礼させていただきます」という内容の年賀欠礼ハガキを投函します。
その際、「誰の喪に服しているか」を明確に書くことが肝要で、葬儀を知らなかった人への死亡通知にもなります。

一覧に戻る