墓石の名称

墓石の名称部位の画像
1石碑(せきひ)

埋葬した目印として建てる石の墓標で、竿石(さおいし)ともいいます。

2水鉢・花立(みずはち・はなたて)

中央が水鉢、左右一対が花立です。水鉢は水を捧げる鉢で、ご先祖様の渇きをいやすためのものといわれます。
なお、浄土真宗では通常、水鉢は使用しません。

3灯籠(とうろう)

ご先祖様の供養やお墓の荘厳を演出するために設置します。

4香炉(こうろ)

線香を供えるためのものです。
線香をくり抜き部分に寝かせておきます。
このほか、線香を立てるタイプの香立があります。

5拝石(はいせき) / カロート

拝石はカロート(納骨棺)の開閉部にあたり、蓋の役目をします。
拝石の下にはカロートがあり、この石を上げて骨壺を納めます。

6塔婆立(とうばたて)

納骨や年忌法要のとき、これに卒塔婆を立てます。
外柵に組み込む場合もあります。
浄土真宗では通常、塔婆を立てません。

7墓誌(ぼし)

戒名・死亡年月日・享年・俗名を刻む石です。
葬った順に右側より刻んでいきます。
故人のつくった詩や楽譜を彫刻することもあります。

一覧に戻る