モダンなお仏壇とは?おしゃれでコンパクトが人気の理由と選び方を説明

モダンなお仏壇とは?おしゃれでコンパクトが人気の理由と選び方を説明
お仏壇を買う時に、「お部屋に合わせてモダンなお仏壇にしたい」という声が多くあります。住環境の変化により、洋室が中心な生活になり家具もモダンなものになっています。そうしたニーズに合わせて、従来の伝統的なお仏壇以外にも、「洋風な」「家具らしい」「小さい」お仏壇が登場しています。

お仏壇とは?

お仏壇とは

日本のお仏壇の発祥は今から1000年以上も前、天武天皇の時代とされます。
床の間など、各家庭の信仰する宗派のご本尊を置く場所にご先祖様を祀るようになったことが元となり、お仏壇は、家庭に置くことができるお寺のミニチュアというのが本来の意味でした。そのため、伝統的なお仏壇は、お寺の本堂を模した形をしており、豪華な彫刻や金箔を施すなどしてお寺の荘厳なイメージを再現しています。

今どきのお仏壇の特徴と人気の理由

モダンなお仏壇

お仏壇が一般家庭に広まったのは関東大震災(1923年)の後で、復興する東京地区を中心に小型の唐木仏壇の需要が起こり、量産化され、全国各地に広がりました。
その後は戦後の復興とともに住宅の建材や家具などに合わせた黒檀や紫檀などの唐木仏壇が普及し、全国的に需要が高まりました。当時の住宅の間取りでは和室に半間の仏間が一般的で、この規格に合わせたお仏壇を求めるのが普通でした。
平成に入って住宅の間取りが変化し、マンションなど集合住宅に暮らす家庭が増え、フローリングの洋間にモダンな家具を誂えるようになると、お仏壇のニーズにも大きな変化が現れ、新型や小型(ミニ)仏壇の人気が一気に高まり、デザイン性の高いものなど様々な形のお仏壇が普及しました。

  • 障子がない
  • 金箔、漆などを使用していない
  • シンプルで家具の様なデザイン
  • ライトが付いている
  • コンパクトタイプが多い
  • 明るい色目
  • おしゃれで家具とあわせやすい

よく見られる特徴の一例です。家具と合わせて従来の和のイメージから洋風なイメージへとかわりつつあります。モダンな家具とのコーディネイトを考えられるようになり、おしゃれでシンプルなお仏壇が増えています。

リビングコレクションページへのリンク

共同開発仏壇リビング・コレクション

「カリモク家具」をはじめ家具メーカーと共同開発したお仏壇コレクションをご紹介します。

カタログページへのリンク

カタログ資料請求はこちら

リビング・コレクションをはじめとするはせがわのおすすめ仏壇の資料請求ができます。

モダンなお仏壇の選び方

お仏壇の選び方

お仏壇は、故人様の新しい家という考えた方があります。故人様を想い、お位牌やお仏具も合わせてご検討されるとよろしいでしょう。お位牌やお仏具などは宗派により決まりごとがある場合があります。事前にご住職に確認をしましょう。

置く場所

お仏壇を置く場所を決めましょう。最近ではリビングに安置される傾向があります。お仏壇を東に向け、西側に安置するという話もあります。向きに関しては諸説ありますが、ご家族でお参りのしやすい場所で選ばれるのがよろしいでしょう。
風通しがよく湿気が少ない場所、直射日光やエアコンの風があたらないことが理想です。

よくお仏壇が設置される場所
  • 和室
  • リビング
  • 寝室

※置く場所が決定しましたら、その場所の寸法(高さ・幅・奥行)を測りましょう。

タイプ

置く場所に合わせてお仏壇のタイプを決めます。床から置くタイプ、台の上に置くタイプ、スタンドタイプがあります。

床に置くタイプ

床に置くタイプ

上下に重ねているタイプもあり「台付き」や「床置き」などともいわれています。床に直接設置するお仏壇になります。上部の空間が広くお仏具やお位牌をゆったりと飾ることができます。

詳しくはこちら>>

台の上に置くタイプ

台の上に置くタイプ

チェストやタンス、サイドボードなどの上に置くことのできるタイプのお仏壇です。ミニタイプが多く、家具やテレビボードにも置かれています。

詳しくはこちら>>

スタンドタイプ

スタンドタイプ

省スペースで置くことができるタイプは「スタンド」や「ステージ」などとも呼ばれています。自由なアレンジをして飾ることが多いようです。

詳しくはこちら>>

材質

伝統的なお仏壇では、金箔や漆、黒檀といった材質が中心でした(金仏壇や唐木仏壇とよばれます)。
モダンなお仏壇では、住宅建材や家具でも使用されるウォールナットやオーク、メープルなどの材質があります。部屋の雰囲気に合わせてお仏壇の材質が検討される傾向があります。

こちらのページも読まれています。

位牌の選び方5つのポイント

お位牌を検討される方に、ここだけは押さえて欲しい5つのポイントを解説します。

仏具の選び方5つの観点から解説

最低限必要なものから、あると便利な仏具までを解説します。

どこで買う?

店舗画像

専門店

専門のスタッフがいるため、仏壇の検討から仏事の相談まですることができます。お仏壇の買替えの相談や引取りもおこなっていることが多いです。
単独の店舗が主流でしたが、百貨店・ショッピングセンターにも出店が増えており、より気軽に足を運ぶことができるようになりました。

お仏壇の処分について詳しくはこちら

お仏壇処分ページのサムネイル画像

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

はせがわの店舗検索はこちら>>

ホームセンター

神棚神具と合わせて展開をしていることがあります。
安価な価格帯も多く気軽に購入ができますが、アフターサービスが充実していない傾向があります。相談のできる専門のスタッフがいない場合も多くあります。

ECサイト

好きな時間、場所でお仏壇の検討をすることができます。
オンライン上で質問などもすることができますが、実際のサイズ感や質感が分かりにい点もあります。店舗へ行く前の下調べで活用することもできます。
はせがわのオンラインショップはこちら>>

 

当社が加盟している仏壇公正取引協議会について詳しくはこちら

仏壇公正取引協議会

仏壇公正取引協議会とは

より安心してお仏壇を購入できるよう情報提供することを目的として設立されました。