位牌分けに関する基礎知識

位牌分けに関する基礎知識
一人の故人様のお位牌をそれぞれのご家庭でお祀りするために複数作成する、「位牌分け」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 位牌…故人様のご戒名(ごかいみょう)、没年月日、ご俗名(ごぞくみょう)、没年齢などを刻んでお仏壇にお祀りする仏具のこと。故人様の霊魂が宿る場所・依代(よりしろ)となる存在であり、亡くなられた方の象徴ともいえる。
  • 位牌分け…一人の故人様のお位牌をそれぞれのご家庭でお祀りするために複数作成すること。

Q1.親族とお位牌の継承が上手くいっていないのですが、どうすればよいでしょうか?また、お墓の納骨室がいっぱいになってしまっている場合、今後どうすればいいですか?

現在、祖父母のお位牌は独身の叔父が守っている状態です。仏壇と父のお位牌、お墓の管理は全て私が行っているため、今後のことも考えて祖父母のお位牌もこちらで祀りたいのですが断られてしまっています。どうすればよいのでしょうか?
また、お墓の中には父、祖父、祖母以外にも、ご戒名も死亡年月日も分からず位牌もない方々が眠っていらっしゃるのですが、納骨室がいっぱいになってしまっており、今後どうすればいいのか悩んでいます。こちらも何かよい方法があれば教えてください。

A.お位牌については、お祖父母様のお位牌をもう一つずつお作りいただくのも一つの方法かと存じます。
お墓については、納骨室(カロート)がいっぱいになってしまった場合には、古い仏様のお骨はカロート底部の穴を掘り下げて土に還すこともあります。

同じ方の位牌を複数作ることは「位牌分け」と呼ばれ、一つの供養の形式ですので問題ございません。また、お墓に眠っていらっしゃるその他の有縁の方々に対してもご供養を行いたいという場合には、「先祖位牌」を別途作成いただいてもよいでしょう。
お墓については、納骨室(カロート)がいっぱいになってしまった場合には、古い仏様のお骨はカロート底部の穴を掘り下げて土に還すこともあります。行う場合には、お世話になっている石材店へご相談ください。

Q2.位牌分けをしてもらう際、何らかの形でお金をお包みした方がよいのでしょうか?

実父の三回忌法要の際、父の位牌分けを行うとの連絡が母から入りました。もともと法要に対していくらか包んで御仏前を持参するつもりでしたが、位牌分けについても別に何らかの形でお包みした方がよいのでしょうか?

A.既にお母様が新たなお位牌をご用意されており、ご法要後にそのままいただくのであれば、ご仏前にお位牌の作成代としていくらか多めに追加されたらよいかと存じます。

もしご戒名用紙のみをいただき、お位牌自体はご自身でお作りになる形なのであれば、特にお包みはせず問題ないでしょう。

Q3.一人の位牌を2つ作るのはよくないことだと伺いましたが、本当でしょうか?

夫の位牌は別居している息子夫婦の家に祀られているのですが、私も手を合わせたいと思い別途位牌を作成しました。その後、一人の位牌を2つ作るのはよくないことだとのお話を伺いましたが、本当でしょうか?

A.一人の故人様のお位牌を複数作成することは「位牌分け」と呼ばれ、ご供養の慣習の一つですので全く問題はございません。

ご供養する気持ちを妨げるような事は仏教の教えにはありませんので安心してご供養して差し上げてください。

Q4.長男である夫の実家にはお仏壇とお位牌があり、いずれ継承する予定ですが、それとは別に位牌を新たに作っても問題ないでしょうか?

夫の実家には大きな仏壇があります。長男のため、いずれ実家のお仏壇を譲り受けることになっていますが、夫はそれとは別に自宅でもお祀りしたいと申しております。自宅で祀るのは譲り受けるまでの短い期間になりますが、それでも位牌を新たに作っても問題ないでしょうか?

A.今ご自宅でお祀りしたいとのお考えであれば、ご意見を尊重してお位牌をお作りいただいても問題はございません。

しかし、いずれはお位牌が2つになりますので、一方はご主人のご兄弟に譲るか、菩提寺でご供養していただく形になります。念のため、お位牌を追加で作る前に一度菩提寺にご相談されるとよいでしょう。

Q5.県外の実家にあまり帰省できない場合、毎日のご供養はどうすればよいでしょうか?

父の亡き後は同居していた次男夫婦が家を継いでおり、お仏壇も購入しています。私は長男ですが県外に暮らしており、仕事の都合などであまり帰省できず、どのように日々の供養をすればよいか悩んでおります。何かよい方法はございますか?

A.一つのご提案として、お父様のお位牌を新たに作成し、ご長男様のご自宅でもお仏壇をご用意してお位牌をお祀りいただく方法があります。

これは「位牌分け」と呼ばれ、ご実家には帰省できなくても、ご自宅で毎日お参りやお供えをしてご供養することが可能です。
お父様のため、ご先祖様のためにご供養したいという強いお気持ちがあるのですから、この機会に仏壇・仏具を求められ、ご自宅でお参りして差し上げるとよいでしょう。

お位牌関連ページ

お位牌について、詳しくは下記をご参照ください。

お位牌とはページのサムネイル画像

お位牌とは

お位牌の種類や注文の手順など、お位牌に関する基本をお仏壇のはせがわが解説します。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求