位牌の処分に関する基礎知識

位牌の処分に関する基礎知識
「位牌の処分」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 位牌…故人様のご戒名(ごかいみょう)、没年月日、ご俗名(ごぞくみょう)、没年齢などを刻んでお仏壇にお祀りする仏具のこと。故人様の霊魂が宿る場所・依代(よりしろ)となる存在であり、亡くなられた方の象徴ともいえる。

Q1.繰出位牌と札板のサイズが合わず新しく札を用意したため、サイズ違いの方を処分したいのですが、どのようにすればよいでしょうか?

実家からご戒名を書いた繰出位牌の札板をもらったのですが、サイズが合わず手元の操出位牌に入らなかったため、新しい札に書き写しました。その後、サイズ違いの方を処分しようと札板を焼いたのですが、なんとなく怖くなって途中で止めてしまい、一部が焼けた札板が残ってしまっている状態です。お寺などに持って行き、お焚き上げいただいた方がよいのでしょうか?

A.まだ魂入れをしていただいていない状態の札板ならば、ご自身でご処分いただいて構いません(気になる場合には、ご処分の前に塩でお清めください)。ただし、そうでない場合にはお寺で魂抜きとお焚き上げをしていただく必要がございますので、菩提寺へご相談ください。

まだ魂入れをしていただいていない状態の札板ならば、ご自身でご処分いただいて構いません(気になる場合には、ご処分の前に塩でお清めください)。ただし、そうでない場合にはお寺で魂抜きとお焚き上げをしていただく必要がございますので、菩提寺へご相談ください。

Q2.お位牌のみをお手ごろな値段で永代供養できるところはありますか?

家族がいない叔母が亡くなったため、お骨は先祖代々のお墓へ納骨し、お位牌は永代供養したいと考えてますが、菩提寺でご相談したところ高額すぎて金額的に難しい状況です。お位牌のみをお手ごろな値段で永代供養できるところはありますか?

A.菩提寺がある場合は、基本は菩提寺でご供養いただく必要がありますが、どうしても難しい場合には、お位牌の永代供養のみを受けていただけるお寺様もございますので、ご葬儀を担当された地域のご葬儀屋様か、お近くのはせがわ店舗へご相談ください。

菩提寺がある場合は、基本は菩提寺でご供養いただく必要がありますが、どうしても難しい場合には、お位牌の永代供養のみを受けていただけるお寺様もございますので、ご葬儀を担当された地域のご葬儀屋様か、お近くのはせがわ店舗へご相談ください。

Q3.両親の位牌を無縁仏にしたくないため永代供養を検討しているのですが、どのようにすればよいでしょうか?

離婚して後継者もおらず、両親の位牌を無縁仏にしたくないため永代供養を検討しているのですが、どのようにすればよいでしょうか?

A.基本的には、お焚き上げ、もしくはお寺様でお預かりいただくかのどちらかが一般的です。なお、お墓については「墓じまい」を行い、お墓からご遺骨を取り出してお寺の合祀墓などに納めていただく形が多いです。いずれにしても、一度菩提寺にご相談ください。

地域やお寺様のお考えによって位牌の永代供養は様々ですが、基本的には、お焚き上げ、もしくはお寺様でお預かりいただくかのどちらかが一般的です。なお、お墓については「墓じまい」を行い、お墓からご遺骨を取り出してお寺の合祀墓などに納めていただく形が多いです。いずれにしても、一度菩提寺にご相談ください。

(お墓じまいについて詳しくはこちら)

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676