位牌の魂入れ・四十九日に関する基礎知識

位牌の魂入れ・四十九日に関する基礎知識
位牌の魂入れや四十九日法要にまつわる、「位牌の魂入れ・四十九日」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 位牌…故人様のご戒名(ごかいみょう)、没年月日、ご俗名(ごぞくみょう)、没年齢などを刻んでお仏壇にお祀りする仏具のこと。故人様の霊魂が宿る場所・依代(よりしろ)となる存在であり、亡くなられた方の象徴ともいえる。
  • 魂入れ(たましいいれ)…ご本尊(仏像)やお位牌、お墓などに対し、読経を行うことで魂を宿らせる儀式のこと。「開眼供養(かいげんくよう)」や「お性根入れ(おしょうねいれ)」とも呼ばれる。主に四十九日法要の際に、菩提寺の僧侶に行っていただくことが多い。

Q1.四十九日の法要までに漆位牌の作成が間に合わないのですが、遅れてしまっても大丈夫でしょうか?その場合、後日改めて法要を行う必要がありますか?

四十九日の法要に漆のお位牌が必要なのを知らず、今からでは間に合わなそうなのですが、遅れてしまっても大丈夫でしょうか?その場合、漆のお位牌が準備でき次第、後日改めて法要を行う必要がありますか?

A.遅れてしまっても、後日魂入れのご法要をおこなっていただければ問題ございません。その際、事前に魂入れは後日改めてお願いする旨をお伝えしておくとよいでしょう。

遅れてしまった場合にも、おっしゃる通り後日魂入れのご法要をおこなっていただければ問題ございません。四十九日法要の前に、お位牌への魂入れは後日改めてお願いする旨をお伝えしておくとよいでしょう。
なお、後日行う際は、四十九日法要のように多人数でなく、ご家族のどなたかが白木の位牌と本位牌(漆塗り位牌)の2つをお寺にご持参いただく形で大丈夫です。また、別日に行う際には、四十九日の法要とは別に改めてお布施が必要になるのが一般的です。

Q2.位牌を移動する際は、どのように行うのが正しいのでしょうか?

位牌を移動する際は、いったん魂を位牌から抜いて空になった位牌を移動し、その移動先で改めて魂を入れていただく必要があると伺いましたが本当でしょうか?もしくは、地方によって異なるのでしょうか?

A.ご供養の仕方は地域によって大きく異なり、同じご宗派でもお寺様によってお考えが異なる場合もございますので、一概には申し上げられません。できれば現在の菩提寺様に一度ご相談されることをおすすめいたします。

仰るように、お仏壇の飾り方やお盆の時の飾り方を例にとっても、ご供養の仕方は地域によって大きく異なります。また、同じご宗派でもお寺様によってお考えが異なる場合もございますので、一概には申し上げられません。可能であれば、今までお世話になったご挨拶も兼ねて、現在の菩提寺様に一度ご相談されることをおすすめいたします。

Q3.火事で焼失した父母のお位牌を新しく作り直しました。夫婦で宗派が異なる場合、位牌への魂入れはどうすればよいでしょうか?

火災で両親のお位牌を焼失してしまい、その後お位牌の作り直しを行いました。二人とも死去から年数が経っていますが、改めて魂入れは必要でしょうか?その場合、訳あって父(真言宗)と母(浄土宗)で宗派が異なるのですが、どの宗派の形式で行えばよいのでしょうか?また、入魂をお願いした場合、そのお寺の檀家にならなければならないのでしょうか?

A.新しくお作りになられた場合にも、改めてお位牌の魂入れ(開眼法要)を営むのが一般的です。ご事情をお話になれば、宗派が異なっても、またお檀家にはならずとも、ご両親のお位牌を一緒に魂入れしてくださるお寺様もあるかと存じますので、どちらか一方のご宗派を選んでお探しいただくのがよいでしょう。

新しくお作りになられた場合にも、改めてお位牌の魂入れ(開眼法要)を営むのが一般的です。ご事情をお話になれば、宗派が異なっても、またお檀家にはならずとも、ご両親のお位牌を一緒に魂入れしてくださるお寺様もあるかと存じますので、どちらか一方のご宗派を選んでお探しいただくのがよいでしょう。もしも見つからない場合には、お近くのはせがわへご相談ください。

Q4.お寺のお墓に納骨する際、位牌の魂入れも行っていただくのですが、お布施は、どのタイミングと場所でお渡しすればよいのでしょうか?

お寺のお墓に納骨する際、位牌の魂入れも行っていただくのですが、お布施は、どのタイミングと場所でお渡しすればよいのでしょうか?

A.絶対的な決まりはありませんが、納骨式が始まる前、住職へご挨拶をする際にお渡しするのが自然な形です。お渡しできなかった場合は、最後にお礼を伝えてお渡しするとよいでしょう。

絶対的な決まりはありませんが、納骨式が始まる前、住職へご挨拶をする際にお渡しするのが自然です。お渡しできなかった場合は、最後にお礼を伝えてお渡しするとよいでしょう。

Q5.「精入れしてあるご先祖様」というのは、具体的に何を指すのでしょうか?

「精入れしてあるご先祖様」というのは、具体的に何を指すのでしょうか?白木位牌から黒塗位牌へ交換する際に、黒塗位牌を菩提寺で拝んでいただくことなのか、それともお仏壇に入っているお位牌や過去帳のことなのでしょうか?

A.「精入れしてあるご先祖様」というのは、魂入れが済んでいるご先祖様のお位牌、または過去帳全般を指します。

「精入れ(しょういれ)」は「魂入れ」「開眼供養」とも呼ばれ、僧侶に読経していただくことで礼拝の対象としての魂を入れていただく儀式のことです。よって、「精入れしてあるご先祖様」というのは、魂入れが済んでいるご先祖様のお位牌、または過去帳全般を指します。

お位牌関連ページ

お位牌について、詳しくは下記をご参照ください。

お位牌とはページのサムネイル画像

お位牌とは

お位牌の種類や注文の手順など、お位牌に関する基本をお仏壇のはせがわが解説します。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求