お位牌って本当に必要?位牌の代わりになるものってある?

お位牌って本当に必要?位牌の代わりになるものってある?
位牌は本当に必要なんだろうか?位牌はいらないのでは(不要なのでは)?と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。今回は「お位牌」について、お位牌の意味や、必要性、購入時の確認ポイントや、お位牌の代わりになるものをご案内いたします。

そもそもお位牌って何?

まずはじめに、お位牌がどういったものであるかやお位牌に書かれている文字についてご説明します。
あわせてお位牌の必要性についてもご説明していきます。

 モダンなお位牌とはどんなの?

お位牌とは?

お位牌とは、故人様の戒名(法名、法号)や俗名、亡くなった日や没年齢などが記された木の札のことです。お位牌は先祖の霊がそこに宿る依代(よりしろ)であり、日本仏教の中で死後はどこに行くのかという疑問の回答になります。

ご臨終後すぐのタイミングでは仮の「白木位牌(しらきいはい)」を準備しますが、四十九日法要までには正式な「本位牌(ほんいはい)」に作り替え、菩提寺からいただいた「戒名(かいみょう)」や没年月日などを刻み、お仏壇にお祀りする形が基本です。

お位牌には何が書かれているの?

お仏壇の中にお位牌が飾られているのは知っていても何が書かれているかは知らない方も多いです。ここでは、お位牌に何が書かれているかをご説明します。

戒名

戒名とは仏様の世界(あの世)における、故人様の新しいお名前のことです。仏教の教えを守りながら極楽浄土を目指して修行するための仏弟子の名前としてつけられます。大切な家族の受け入れがたい「死」を受け入れるうえで、生きていた時の名前(俗名)から死後の世界での名前(戒名)と切り替えることで、生と死に明らかな境界を設けるということがあります。さらに戒名には、その人が生前に果たした功績が反映されると捉えると、死後に与えられる勲章という意味もあります。

俗名

俗名とは故人様が生きていた時の名前になり、基本的には位牌の裏に書かれます。近年では戒名をお寺からさずかるということに対し価値を見出すことができず、俗名のままご供養をされる方も増えてきています。この場合は位牌の表に書かれます。

没年月日

故人様の亡くなった年月日を書きます。「令和」や「平成」といった元号を使い、漢数字で書くのが一般出来です。基本的には位牌の表面に書きますが、裏面に書くこともあります。

享年(行年)

故人様の亡くなった年齢も書きます。満年齢と数え年のどちらで書くかは、すでに飾られているご先祖様のお位牌、又はお寺様にご確認ください。年齢の前に「享年」又は「行年」の文字も書きますが、こちらもどちらにするか不明な時は同様の方法でご確認ください。

大切なお位牌に間違いがあっては困りますので、迷ったら仏壇店かお寺様に確認しましょう。

お祀りする場所

お位牌をお祀りするのは、ご本尊の一段下に安置するのが基本です。ただし、最近のお仏壇は小型化が進んでおり、ご本尊の一段下に安置できない場合がございます。その場合は本尊と同じ段の右側に安置します。
お位牌が複数ある場合は、基本的には、先に亡くなった方から順に、【右が上座・左が下座】の並びでお祀りする形がルールです。二段目に置ききれなくなった場合は、更にもう一段下(三段目)も使用してお祀りします。

Q1.開眼供養って必要?

お位牌は作成しただけでは、故人様の魂が入っていない状態です。お寺様に開眼供養(魂入れ)をして頂くことで、仏教的な本来の位牌の役割を果たすようになります。

Q2.お位牌のデザインに決まりはある?

絶対にこうでなければならないという決まりはありません。お位牌は故人様の象徴となる存在ですので、基本的には故人様の生前のお人柄やイメージに合わせてお選びいただく形をおすすめします。

お位牌って本当に必要なの?

「位牌はあった方がいいのでしょうか」といった質問をよくいただきます。ここではお位牌の必要性について説明します。

位牌の必要性

仏教徒の方(浄土真宗以外の方)

基本的には仏教では故人様の魂は位牌に宿る「依代(よりしろ)」と考えられています。先祖や故人様の写真には魂は宿りませんので、お位牌のもつ意味合いはとても重要であり、大切な存在です。
ご供養の際に手を合わせる対象である「礼拝仏具(らいはいぶつぐ)」の一つで、各宗派のお仏像(ご本尊)やお掛軸(脇仏)と並ぶ、非常に重要なものになりますので、仏教形式でご供養をする際には基本的に必須となるお仏具です。

仏教徒の方(浄土真宗の方)

浄土真宗では、亡くなると仏さまになる(往生即成仏)と言われており、故人様の魂は供養を必要としません。そのため位牌は不要と考えられています。代わりに過去帳や法名軸と呼ばれるものを仏壇に飾ります。

過去帳

過去帳

法名(戒名)を記載する過去帳は、お位牌を用いない宗派の場合に使用されることが多く、主に浄土真宗で使用されます。
また、ご先祖さまのお位牌が多い方が、お位牌を纏められる際に使用されます。
複数の方の「法名」「没年月日」「俗名」「行年(享年)」などを記載します。

過去帳についてはこちら

法名軸

法名軸

法名(戒名)を記載する法名軸は浄土真宗で用いられるお道具です。本紙が無地の掛軸に法名を記載し、お仏壇の内壁に掛けてお参りします。

法名軸についてはこちら

無宗教の方・仏教徒以外の方

原則的にはお位牌は不要です。ただし、毎日手を合わせてご供養をする対象としてお位牌を作成される方は多くいらっしゃいます。その場合は戒名が無いため、俗名で位牌を作ります。また手元供養を選ばれる方もいらっしゃいます。

手元供養

お位牌の代わりに故人様のお骨の一部を身近なところに保管する、比較的新しい手元供養という供養方法もあります。小さな骨壺や専用アクセサリーなど、保管方法には様々な種類があります。

■ミニ骨壺

大切な方のお骨を手元に置いておくための小さな骨壺

■ペンダント

大切な方のお骨を身に着けるためのペンダント

Q1.ペットの供養にも位牌は必要?

最近ではペットを家族の一員として考える方が増えています。そのため、手を合わせる対象としてペット用のお位牌を作ったり、手元供養をされる方が増える傾向にあります。

Q2.浄土真宗だけどお位牌を作ってもいい?

浄土真宗など、宗派の教えに関係なくお位牌を作られる方は大勢いらっしゃいます。魂入れに関してはお寺様にご相談ください。

お位牌はどうすれば作れるの?

仏教徒のほとんどで必要なお位牌ですが、お位牌を作る際に「いつ」「どこで」「何を準備すれば」失敗しないかをここではお伝えします。

 

お位牌って「いつ」作ればいいの?

葬儀の際に、用意される「白木の位牌」は汚れや経年劣化に弱く、仮の位牌と言われます。そのため、見栄えがよく持ちもいいお位牌の表面が漆などでコーティングされている本位牌を用意し白木の位牌から魂を移していただきます。
本位牌に魂を移すのに最も適しているのが、四十九日の法要のタイミングです。通常、お位牌の作成には10日~2週間ほど必要ですので、四十九日に間に合うようにお位牌は早めに作りはじめることをおすすめします。

お位牌は「どこで」作る?

仏具店やインターネットで作ることが可能です。ただし、インターネットでは色々なお位牌を実際に見比べることができません。お位牌は基本的に買い替えないものになりますので、位牌の漆の光沢や質感は出来れば実際に店頭でご確認ください。故人様に相応しいお位牌の相談も出来ます。

何か事前に準備は必要?

お位牌を購入する機会は滅多にない方がほとんどです。そのために「白木の位牌」「ご先祖様のお位牌」「お仏壇のサイズ」を事前にご確認ください。

白木の位牌

白木の位牌にはこれから作る本位牌に必要な「戒名」「俗名」「命日」「没年齢」が記載されています。本位牌に書く文字は基本的には白木の位牌の内容に沿って作成します。そのため、白木の位牌の文字を紙に写して仏具店に持っていくことが必要です。(お寺様から戒名の意味などが書かれた紙をいただける場合もあります。)
紙に移すのが不安でしたら、白木のお位牌を携帯電話などで写真に撮ってもっていくか、白木のお位牌を布なので包んでもっていくことも可能です。

ご先祖様のお位牌

新しくお位牌を作る際は、ご先祖様を立てるためにご先祖様のお位牌と同じか少し小さく作ります。そのため、ご先祖様のお位牌の大きさ(縦×横×高さ)などを事前に測っておきましょう。また、ご先祖様と同じ形のお位牌を作る方も多く、その場合は写真を撮っていただくか、店舗にご先祖様のお位牌をお持ちください。

お仏壇のサイズ

新しく作るお位牌はお仏壇に対して大きすぎても小さすぎてもバランスが悪くなってしまいます。また、大きすぎる際は仏壇に入らないこともありますので、事前にお仏壇のサイズも確認しておきましょう。

Q1.位牌の文字を間違ったらどうすればいい?

基本的に一度作成したお位牌は修正ができませんので、作り直しになることがほとんどです。返品も出来ませんのでご不明点は事前に仏具店に相談しましょう。

【図説付き】位牌の書き方を宗派別に徹底解説!戒名入れの値段も紹介

お位牌はどのように手入れするの?

お位牌は故人様の魂のよりしろです。細心の注意を払ってきれいな状態を保ちましょう。お掃除も立派なご供養になります。
ホコリがつかないように毛ばたきで掃除し、表面の汚れはお位牌を傷つけないように柔らかい布で拭いてあげます。その時に素手で触るとお位牌の表面に指紋がついてしまうため、手袋等をつけてお位牌を持つようにしてください。
位牌を水拭きしたり、洗剤を使ったりすると表面の漆が剥げたり、シミがついてしまう可能性もありますので、乾いた布で拭くようにしましょう。

■お手入れグッズ

お位牌を手入れするためのグッズ

Q1.古くなったお位牌の修理・洗浄は可能?

長年お祀りしてきたことによる傷みや汚れについては、ご家庭で対応するのは厳しいケースも見られます。
お位牌の状態にもよりますが、仏壇仏具店に修理または洗浄を依頼することで問題を解決できる場合が多く見られます。

お位牌の処分はどうすればいい?

「壊れたので新しく作り直したい」「一通りの供養(三十三回忌など)が終わったので先祖位牌にまとめる」「数が多く仏壇にはいりきらない」などやむをえない場合には、処分をすることがあります。やむを得ない理由でお位牌を処分しなければならない場合であってもご先祖様の魂のよりしろであるお位牌なので正しく取り扱いましょう。ここでは、白木の位牌と本位牌の処分について説明します。

位牌の処分

白木の位牌の処分について

白木の位牌は葬儀から四十九日法要まで祭壇に飾り、四十九日法要の際にお寺様に本位牌に魂を移してもらうことでその役割を終えます。通常は四十九日法要の際にお寺様にお返しいたします。何らかの理由で魂が移された後の白木の位牌が残っているようでしたら、お寺様に相談するのがもっともいいでしょう。
魂が入ったままの白木のお位牌があるようでしたら本位牌を作成し、お寺様とご相談の上法要の時などに本位牌に魂を移していただきましょう。そしてその際にお寺様に白木のお位牌を引き取っていただけるか相談しましょう。

本位牌の処分について

本位牌についても白木位牌と同様、お寺様にご相談いたしましょう。本位牌は処分する以外にお寺様に預かって供養をして頂けるケースもございます。
ご自宅でどうしてもお仏壇の管理が難しくなったり、位牌の継承者がいない方が行うことが一般的です。

Q1.位牌の処分で困ってるんだけどどうすればいい?

一柱のお位牌に夫婦2人の名を入れる「夫婦位牌」や、数が多くなり収まらない場合に複数のお位牌を1つにまとめる「繰出位牌」などもございます。詳しくはこちらをご確認ください。

Q2.墓じまいをするんだけどお位牌はどうしよう?

「墓じまい」と「お仏壇・お位牌の処分」は一緒にする必要はございません。ご事情にあわせて別々に検討されることをお勧めいたします。、

お位牌関連記事はこちら

お位牌の総合ぺージはこちらです。

お位牌とはページのサムネイル画像

お位牌とは

お位牌とは、故人様の霊魂が宿る場所であり、故人様を象徴するお仏具です。このページでは、お位牌の種類や価格の違いなど基本を解説します。はせがわにおける注文手順も詳しくご紹介しています。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。