ムービーシアター

ムービーシアター

スペシャルムービー、CMなどを
ご紹介をしております

スペシャルムービー

商品をお客様の手元にお届けするまでに携わる人たちの想い、
店頭でお客様に接する当社社員が感じた想いを、動画でお伝えします。

中井美穂の「祈りは想い」 


「祈りの老舗 はせがわ」のメッセージキャスター・中井美穂さんが、お客さまに代わってお仏壇のこと・ご供養のこと・お墓のあれこれについての疑問や不安を解決するために取材した情報を発信いたします。お客さまと同じ目線で、妻として、娘として、人として、さまざまな悩みの解決に臨む中井さんのリポートにご期待ください。


手のひらの実話


一生を終えた旅立ちという厳粛な事柄に携わる「祈りの老舗 はせがわ」のスタッフたちは、お客さまが向き合うリアルな場面とつねに最前線で向き合っています。そこには、つくりものではない胸に沁みる物語がたくさん生まれています。そうしたなかから数編を選び、「てのひらの実話」としてまとめました。

第一話 「ぼくが大きくなったら」編

ある日、はせがわ店舗に、突然の事故で両親を亡くした中学生と小学生の兄妹がご来店。お仏壇をご購入されました。そのお仏壇を見てつぶやいた妹のセリフに、兄がささやき返したひとことは…。

第二話 「お悔み訪問」編

はせがわのスタッフが駆け出しの頃のお話。自分自身の経験から学び、お客さまとのやりとりから学び、人として、はせがわスタッフとして成長させていただきました。新人の彼が「目からウロコ」を経験した、先輩の言葉とは!?。

第三話 「風に揺れるテント」編

お墓のデザインをオリジナルで考えたり、墓石に、「○○家」ではなく、故人を偲ぶメッセージを刻む例が増えています。こちらは、こころがホッと温かくなる、お客さまの建墓ストーリー。十人十色のご供養スタイルに寄り添う物語です。

第四話 「Sさんの買いもの」編

最愛の奥さまを亡くされ、はせがわでお仏具をご購入されたSさん。その後もほぼ定期的にご来店くださり、いつも同じものをお求めです。しばらくお顔を見ない日が続き、「どうされているのかしら」と心配するスタッフの前に現れたのは…。

第五話 「ばかとはなんですか」編

現在は若い社員を指導するベテランスタッフの新米時代のお話。娘さまのお仏壇を探しに見えたお父さまとのやりとりは、熱を帯び。悲しみの只中にいらっしゃるお客さまのこころを動かしたのは、目には見えない力でした。

第六話 「ああやって祈りながら」編

遠く離れた地方に、先祖代々のお墓をお持ちのお客さまが、実家のご両親に頼まれて、お墓の移転・改装のご相談にいらっしゃいました。東京にいながら、九州に思う通りのお墓を建てる。それをかなえたものは!?

祈りのインテリアに込めた想い

はせがわ×カリモク家具 共同開発
「祈りのインテリア」のイメージムービー。

「祈りのインテリアを届けるまで」

お仏壇をお客様の手元にお届けする。
その過程にたずさわる開発者、生産者、販売者の“想い”をお伝えします。

お客様との感動エピソード
「感謝」

当社のお客様担当者が体験した
お客様とのエピソード集。
一つひとつのエピソードにそれぞれの
家族のストーリーが。

お仏壇・お位牌をご購入されたお客様とのエピソードを2つご紹介します。

「感謝 お仏壇篇」

「感謝 墓石篇」

CM紹介

はせがわの代表的なテレビCMをご紹介します。

新テレビCM「こころが安らぐ場所篇」放映中

お墓参りは、大切な人に家族の近況を報告するなどして気持ちを整理したり、リセットしたりする場所でもあります。お墓のことも、ぜひ「祈りの老舗 はせがわ」にご相談ください。中井美穂さんの相談ムービーも公開中です。

東海地区向けCM「祈りの老舗 東海版」放映中

「祈りの老舗 はせがわ」は、愛知・岐阜エリアで9店舗展開。今後ますますネットワークを充実させ、東海地区のみなさまに、日々の「供養と祈り」のご提案をさせていただきます。お仏壇のこと、お墓のこと。困ったら、お近くの「はせがわ」へ。

祈りの老舗 はせがわから「祈りの新風景」をご提案

はせがわが新たな祈りの機会をご提案します。
初回のテーマは「お正月は、ゆっくり話そう」
新春に一年の計を願う「お正月」だからこそご家族やご先祖様とゆっくり話してみてはいかがでしょうか。

「祈りの老舗 はせがわ」の想いを描いたCM

「祈りの老舗 はせがわ」の想いを描いたCMです。いろいろな「手」の表情をモチーフに描いた「こころを満たすもの篇」。大切な人への「アイラブユー」をかたちにするお手伝い、それが「はせがわ」の使命であることをお伝えします。

はせがわ×カリモク家具共同開発
祈りのインテリア
SOLID BOARD JUST ソリッド ボード ジャスト

お仏壇がもっと家族の暮らしに溶け込めば、大切な方を身近に感じ、ともに過ごしていただける。はせがわが願う"これまでと変わらない暮らし"を表現しました。

はせがわ×カリモク家具共同開発
祈りのインテリア
HK Grandage エイチケイ グランデージ

大切な方の雰囲気に似合う。お部屋のイメージに馴染む。そんなお仏壇なら、家族はきっと心穏やかに暮らせます。そんな想いを表現しました。

「3代目“しあわせ少女”ゆうかちゃん」

3代目しあわせ少女“ゆうかちゃん”が「おててのしわとしわを合わせてしあわせ なーむー」と唱えます。