お彼岸の法要・お布施に関する基礎知識

お彼岸の法要・お布施に関する基礎知識
お彼岸時期に行われる法要やお布施についてなど、「お彼岸の法要・お布施」に関する基礎知識をご紹介します。
  • お彼岸…毎年2回、仏様が住む悟りの世界(彼岸)とこの世(此岸)の距離が最も近くなるとされる「春分の日」「秋分の日」を中日とした7日間に、ご先祖様の供養と仏教修行を行う仏教行事。
  • お布施(おふせ)…読経や戒名をいただいた際などに、謝礼として僧侶へ金銭をお渡しすること。本来は、他者に財物または慈悲の心を施す、「布施」という仏教修行を指す言葉。

Q1.お彼岸に菩提寺の合同供養に出席する際は、身内も出席するべきでしょうか?また、服装に決まりなどはありますか?

お彼岸に菩提寺の合同供養に出席することになったのですが、供養には身内も参列するべきでしょうか?また、出席する際の服装は、やはり喪服を着たほうがよいのでしょうか?

A.なるべくならお身内の方もご出席されることをおすすめします。服装は喪服でなくても構いませんが、落ち着いた色味のフォーマルな服が望ましいでしょう。

故人様への感謝を込めてご供養するための合同供養ですので、なるべくならお身内の方もご出席されることをおすすめします。服装は喪服でなくても構いませんが、華美なものは避け、黒や紺の落ち着いた色味のスーツやワンピースなど、ある程度フォーマルなものが望ましいでしょう。

はせがわでは、「お仏壇」「お墓づくり」「納骨堂/屋内墓苑」「都立霊園資料」のカタログをご用意しています。以下からご請求ください。

無料 カタログ請求