初彼岸って何?期間はいつまで?彼岸の法要やお参りについて徹底解説

初彼岸って何?期間はいつまで?彼岸の法要やお参りについて徹底解説

初めてくるお盆のことを初盆(にいぼん・はつぼん)といいますが、四十九日後、初めてむかえるお彼岸を初彼岸(はつひがん)といいます。

初盆が来る前に4月のお彼岸で初彼岸を経験している方もいらっしゃれば、春分の日以降が命日で、7月・8月の初盆後、9月の秋分の日が初彼岸になる方もいるでしょう。お盆のような準備をと心配される方も多いため、このページでは初彼岸での法要やお参りについて解説していきます。

お彼岸は、春分の日や秋分の日に関連した日ということを知っている方は大半ではないでしょう。しかし、初彼岸と聞いてピンとくる方は少ないと思います。

初節句や初盆など、初がつくと何か特別なことをしないといけないのかと問い合わせをいただくことがあります。慌てることなく初めての彼岸をむかえるために、このページではお彼岸やお彼岸のお供え、お彼岸の期間やお彼岸参りについて解説していきます。

初彼岸(はつひがん)って何か特別なの?

初彼岸(はつひがん)って何なの?

初彼岸は春分・秋分にまたがることなく、四十九日後に初めてくるお彼岸のこと初彼岸とよびます。初彼岸は、言葉とおりに初がつくので、何か特別なイメージをもたれるかもしれません。

仏事について慣れないことが多いから、心配ごとは尽きないものです。初彼岸は、初盆と違い特別なことをするわけではありません。しかし、このページからお彼岸を知っていただき、お彼岸をほとけ様にちなんだ家族行事のひとつにしていただければと考えます。では、お彼岸の由来について説明してまいりましょう。

お彼岸ってなぜ祝日がはいっているの?

お彼岸ってなぜ祝日がはいっているの?

お彼岸は、お盆とは違い年2回ある仏教行事です。春の彼岸・秋の彼岸(春分の日と秋分の日)が彼岸の中日(ちゅうにち)とされています。それぞれの日は、共に日本の国民の祝日の日と制定されています。

共に国民の祝日に関する法則「祝日法」によって制定され、春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨とされています。冬を越えて草木が芽吹き寒さもやわらぎ、春を感じられる時期です。

秋分の日は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨とされています。春分や秋分でそれぞれに役割をもった祝日になります。

春の彼岸ってどうしたらいいの?

春の彼岸ってどうしたらいいの?

春の彼岸は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」の趣旨に則るならば、春の訪れとともに誕生する生命を大切に思うことを願って設けられた祝日として受けとられてみてはいかがでしょう。

厳しい冬を越えて、あたたかい太陽の日差しと吹き抜ける春の風を受け、自然を感じる清々しい時だからこそ、その喜びを感じる日と制定されたように感じます。
新学期や新入学など忙しい時期だからこそ、春の訪れを五感で感じ、いやしを求めてはいかがでしょう。

秋の彼岸ってどうしたらいいの?

秋のお彼岸は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」の趣旨に則るならば、仏事に関してことを主として過ごされる日としてみたらいかがでしょうか。

なかなかタイミングが合わず、足を運べなかったお墓の掃除に出かけたり、自宅のお仏壇をいつもより少し丁寧に掃除されたり、少し古くなったお仏具を新調されたりしてみてはいかがでしょうか。

また、お彼岸の時はいつものお線香でなく、香木(こうぼく)を多めに使ったお線香を焚かれてみてはいかがでしょう。お線香の香りや煙はほとけ様のご馳走となりますので、秋のお彼岸に特別なお線香をあげてみてはいかがでしょうか。

◆自宅用のおすすめのお線香を紹介◆

コンパクトなお仏壇にも安心のミニ寸のお線香

※小さいお香炉でも安心して使用できます。

お彼岸の期間はいつからいつまで

お彼岸の期間はいつからいつまで

お彼岸の中日である春分・秋分の日について紹介しましたが、お彼岸というのはいつからいつまで、彼岸入りや彼岸明けはどの期間をさすのかご存じでしょうか。
目安はお彼岸の中日(春分・秋分)から前後3日の7日間をお彼岸といいます。お盆期間よりも長い期間の1週間と覚えておかれるとよいでしょうか。

お彼岸にはお墓参りと聞くけど?

秋のお彼岸には、先祖をうやまいという趣旨があることを紹介しましたが、特にお彼岸のお墓参りは大切な方へ想いが届きやすいといわれています。

それは、天文観測で春と秋のこの時期は、「昼と夜の長さが等しくなることが起こる」とされています。仏教では、昼のことを私たちが生きているこの世界・此岸(しがん)といい、夜のことを、ほとけ様の世界・彼岸(ひがん)といいます。その彼岸と此岸の時間の長さが同じになるため、此岸と彼岸が一番近くなるとされ、より想いが届きやすい日とされ、お墓参りに行くことが通例になったのではないでしょうか。

このような背景から、お彼岸にお墓の掃除をし、お墓参りをするという文化が根付いていったのではないかと考えます。

お彼岸とお盆は違うの?

お彼岸とお盆は違うの?

お盆とお彼岸は、お盆が8月であれば9月にすぐお彼岸がやってきます。お盆は、ほとけ様が帰ってくるので華やかにお盆提灯を飾り、むかえ火や送り火をします。

しかしお彼岸は、お盆で帰られたほとけ様の眠るところへ会いにいきます。お盆はおむかえ、お彼岸は会いにいくとう点が違いになります。

また、お彼岸の季節は春や秋であり、食べ物がおいしい季節です。この季節ならではの特別なお供えをしてみてはいかがでしょうか。ほとけ様が好きだったものや旬のものなどをお供えしてあげるとよろこばれることでしょう。

違いについて詳しい解説はこちら

違いについて詳しい解説はこちら
  • ・お彼岸の意味と由来
  • ・お盆の意味と由来
  • ・此岸と彼岸について
  • ・お盆にやるべきこと
  • ・お彼岸の具体的に日付け

お彼岸ってお盆と同じくらい準備が必要なの?

お彼岸ってお盆と同じくらい準備が必要なの?

お彼岸は、お盆のようにおむかえなどがないため、お盆ほどの準備をすることはありません。お盆は依頼に応じて、寺院が個別のお盆参りを行なったり、集合で施餓鬼法要(せがきほうよう)を行なっています。しかしお彼岸は、お盆に比べ何をするということが明確ではないのです。

彼岸は、ひとそれぞれのむかえ方で問題ないのです。自分たちができる範囲で、お墓のお掃除やお仏壇のお掃除などを念入りにしてみてはいかがでしょう。ここで、お彼岸にお墓でよく使われるお仏具を紹介いたします。

◆お墓参りには必需品の手桶セット◆

※大きいサイズもございます。
※家紋などの記入は別費用です。

お墓参りをする際、墓地にある手桶を勝手に使ってもいいかどうか、悩まれたことはないでしょうか。

一般的に手桶に名前や家紋が記入されていないものは、墓地や霊園で共同使用できる手桶であることが多いです。(そうでない場合もあります。)墓地の永代使用権を取得する手続きの際、手桶代などを納めている場合あります。そのような場合は、誰が使用しても問題ないことが多いです。。

家紋や家名を記入することもでき、手桶置き場に保管、もしくはお墓参りごとに持ち帰りをしてもよいでしょう。初彼岸をむかえる前に準備してみてはいかがでしょうか。

◆風にも強いターボライター◆

※別売りのガスボンベもございます。

こちらもお墓参りで使うお仏具です。
ターボライター且つガス注入式で、風が強い日にお墓参りに行かれても安全・安心に使用していただけるライターです。

家族で初彼岸にお墓参りに行かれた時、お線香を束ごと着火できます。

お盆・お彼岸とお墓参りに行く機会が多いこの時期に、ほとけ様へ使うお道具を準備・新調されてみてはいかがでしょうか。

お彼岸に開催される彼岸会について

お彼岸に開催される彼岸会について

先に初彼岸は、自分たちのできる範囲と紹介しましたが、院ではお彼岸の時期に彼岸会という仏教行事を開催している場合がございます。

初彼岸だからより丁寧なお参りとお考えの方は、お世話になった寺院に出向き、彼岸会に参加されていもよいのでないでしょうか。

初盆・初彼岸とお寺様から教わる供養を知り、これからの『我が家』の供養についていろいろと相談できるよい機会ではないかと思います。

一年の内、ご命日法要以外で顔を合わせる機会としてみてはいかがでしょう。
供養の心を育てるだけでなく、伝統的な仏教文化に触れる貴重な機会です。
初彼岸をむかえるにあたり、忙しい記事にはなりますが、仏縁に触れるよい機会ではないでしょうか。

初盆・初彼岸を経験し、これからの年中行事を考える

お盆参りをしてもらったから、お彼岸のお参りを希望する方は少ないのかもしれませんが、初盆や初彼岸を経験から、今後の自分たちの年中行事をどのようにしていくかを考えていくとよいのではないでしょうか。

年中行事を決めておくことは、『我が家』の供養行事の慣例をつくるきっかけになると思います。そして、自然と親から子へ伝わる『我が家』の伝統や文化がうまれていくかもしれません。そのような過程を経て、日本仏教の伝統や文化が伝承されていったのではないでしょうか。

お彼岸は何を供えたらよいの?

お彼岸は何を供えたらよいの?

お彼岸にお供えするものとして、おはぎ(ぼたもち)は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。この時期は、スーパーなどの店先で目にする機会が多くなります。ここでは、お彼岸のお供えについて説明していきます。

おはぎとぼたもちは何が違うの?

おはぎとぼたもちは何が違うの?

ぼたもちとおはぎは、それぞれ作る季節に違いがあり、その季節の花の名前に由来しています。
ぼたもちは江戸時代に春のお彼岸に食べられます。当時、砂糖は貴重でありあんこは塩味で作られていました。砂糖の入手しやすくなる頃にあんこが広まり、一説には小豆を牡丹の花に見立て「ぼたんもち」と呼ばれ、「ぼたもち」にかわったともいわれています。

一方のおはぎは、秋のお彼岸に食べられていました。秋の七草のひとつである萩の花と小豆の形状が似ているため、「おはぎもち」とよばれていたのが「おはぎ」にかわったとされています。

食べもの以外でお供えを選ぶとしたら?


※類似のおすすめ商品はこちらから※

食べもの以外で、ちりめんでつくった季節感漂うお供物や、お線香もお供えとして選ばれることがあります。

また、季節のお花などを購入され、普段よりも彩鮮やかにお仏壇やお墓に供えてあげるとよいでしょう。

昔は、祖母がつくったおはぎを食べてお彼岸を過ごした方もいたと思います。

時代が変化する中で、『我が家』のお彼岸を慣例にしていくため、うちのお彼岸のお供えは『これっ』と、春と秋のお彼岸のお供えの定番を探してみてはいかがでしょうか。

法要やお参りはどうしたら?お布施は?お参りの服装は?

法要やお参りはどうしたら?お布施は?お参りの服装は?

お盆との違いは先に述べましたが、お彼岸にお参りにいくときはどうしたらよいのか迷われることはないでしょうか。

先ほど紹介した寺院の彼岸会の時など、お布施はいくらお渡しすればいいのだろうと気になることが出てきます。

服装はどんな格好でなど、不安に思う点をお彼岸をむかえる方と知人などのお宅に伺う方、双方の視点で解説していきます。

彼岸会に参加したいけど、お布施ってどれくらいお渡しするの?

彼岸会に参加したいけど、お布施ってどれくらいお渡しするの?

彼岸会に参加する際、四十九日と同じように寺院にお布施をお渡しします。お彼岸は、主に先祖供養の行事として執り行われます。

四十九日とは違い、先祖様を対象に合同で法要を行なうため、お渡しするお布施が少し違ってきます。

もちろん寺院によって異なりますが、お布施の相場は、寺院での法要であれば3千円~1万円程度になります。個別法要を希望される場合は、3万円~5万円に御車代などのお布施をお渡ししましょう。

彼岸会も喪服とかを準備しないといけないの?

彼岸会も喪服とかを準備しないといけないの?

お彼岸に行くお墓参りの服装は、一般的に平服や普段着で問題ありません。

普通の服といっても、派手な服装や露出の高い服装は、お墓参りに来ている他の参拝者に失礼です。ある程度のマナーは必要になります。

男性であれば黒やグレー系の色合いのシャツにズボン、女性なら落ち着いた色のブラウスにスカート、またはワンピースなどがおすすめです。派手な服装は避けるようにすることがマナーです。

お彼岸に知人宅への訪問で気をつけること

知人や近親者の家へと尋ねる際、お供え物を持参するとよいでしょう。

四十九日が明けていることが多く、一般的に平服や普段着が多いようです。

お花や故人が好きだった食べ物、季節のお菓子などを持参されるのが一般的です。

御進物用のお線香などを持参されてもよいでしょう。遠方の場合は、贈り物にお線香などを送付されてもよいでしょう。

人とのつながりが難しくなっている状況で、お彼岸の期間を活用して、家族や知人との絆を深める行事にしてはいかがでしょう。想いを込めた自分なりのお彼岸を過ごすとよろしいかと思います。

お彼岸関連記事はこちら

お彼岸の総合ぺージはこちらです。

お彼岸とはページのサムネイル画像

お彼岸とは?意味・日程・やるべきこと

お彼岸とは、春(3月)と秋(9月)の年2回に行われる仏教行事です。このページでは、お彼岸の意味や具体的なお彼岸日程、4つのやるべきことなど、お彼岸の基本を解説しています。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。