お彼岸とお盆との違いに関する基礎知識

お彼岸とお盆との違いに関する基礎知識
お彼岸とお盆には具体的にどのような違いがあるのか、「お彼岸とお盆との違い」に関する基礎知識をご紹介します。
  • お彼岸…毎年2回、仏様が住む悟りの世界(彼岸)とこの世(此岸)の距離が最も近くなるとされる「春分の日」「秋分の日」を中日とした7日間に、ご先祖様の供養と仏教修行を行う仏教行事。
  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。

Q1.初彼岸と初盆にはどのような違いがありますか?

秋に初彼岸を迎えますが、先日初盆を終えたばかりです。お招きする方や引き物の準備など、初盆とは具体的にどのような違いがありますか?

A.初彼岸は、初盆のように特別に法事を行うことはあまりございません。もしもお招きする場合には、引き出物の表書きは「彼岸供養」や「粗供物」と書かれたものをご用意されるとよいでしょう。

初彼岸は初盆とは異なり、僧侶をお招きしてのご法事を行うことはなく、普段のお彼岸と同じようにお墓参りやお供え物をするのが一般的です。地域やお寺によっては法事を行う場合もありますが、ご家族やお身内など、ごく近しい方のみで行われることが多いです。もしも法事を行われる場合には、引き物は「彼岸供養」や「粗供物」と表書きをしたものをご用意されるとよいでしょう。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676