初盆(新盆)とは?気になるマナーやお香典、お布施についてもご紹介

初盆(新盆)とは?気になるマナーやお香典、お布施についてもご紹介

お盆といえば家族みんなで提灯をお飾りしてお墓参りへ行き、ご先祖様の霊をお迎えする行事というイメージがあると思います。しかし親しい方が亡くなられた後に初めて迎えるお盆については、通常のお盆と何か違うのか不安な方も多いのではないでしょうか?
今回は初めてのお盆である初盆(または新盆)について解説していきます。また初盆の期間や必要な準備を含めた過ごし方、さらにお布施やお香典などについても一例をご紹介いたします。

初盆(新盆)とは?いつから何を行なうのかを解説

蓮

 

そもそも初盆(新盆)とは何なのでしょうか?通常のお盆とは何が違うのか、いつから何をするものなのか、あわせて解説していきます。

初盆(新盆)とは何?通常のお盆との違い

「初盆(はつぼん)」とは、故人様が亡くなられた後に初めて迎えるお盆のことですが、より正確には四十九日の忌明け後初めてのお盆のことを指し、四十九日前にお盆が訪れる場合は、初盆を翌年に行なうことがほとんどです。地域によって呼び方は異なり、「新盆(にいぼん・しんぼん)」などと呼ぶ場合もあります。

初盆は故人様の霊が初めてご自宅に帰っていらっしゃるので、ご親族や知人友人の方など大勢で、特に丁寧にお迎えいただくべき行事とされています。また、お寺やご自宅で法要を行ない、集まった方々と会食を行なわれることが多いです。

いつから?初盆の期間について

初盆の期間は通常のお盆と同じです。地域によって異なりますが、7月13日~16日、または8月13日~16日の4日間に行なわれる場合がほとんどです。お盆の期間については、こちらのページもあわせてご覧ください。

>2022年(令和4年)のお盆期間はいつから?7月盆と8月盆を解説

初盆は今年?それとも来年?

四十九日の忌明け前にお盆を迎える場合には、初盆のご供養は翌年に行なう形が一般的です。しかしご親族のご予定やお寺様のお考えによって変わってきますので、四十九日がお盆の前後になりそうな場合は、一度お寺様にご相談することをおすすめします。

通常のお盆との違い

故人様の霊が初めて帰っていらっしゃるので、通常のお盆よりもさらに丁寧に行なわれます。例えば、通常のお盆では法要や会食などはしない場合が多いのですが、初盆はご親族や故人様と親しかった方々をお招きして、法要や会食を行なうことがほとんどです。家族で過ごすというイメージの強い通常のお盆と比べて、初盆は法要としての意味合いが強いという特徴があります。

初盆(新盆)の準備

香典袋の準備

 

お盆としての準備に加えて法要の手配など、初盆にするべきことは多いようです。具体的にどのような準備が必要なのかを見ていきましょう。

1)法要の手配

  • 日程と場所を決めます。場所は主にご自宅かお寺様、法要会館などが一般的です。
  • 法要の日程を決めたらお寺様へご相談します。一年で一番ご多忙な時期なので、日程が決まったらすぐご相談しましょう。
  • お布施の準備をします。

お布施の金額やのしの書き方に決まりはあるの?

お寺様から金額を提示されたらその額でお包みしましょう。気持ちなので明確な相場はありませんが、多いのは30,000~50,000円程度と言われています。もしご自宅での法要なら、別途お車代として5,000~10,000円程度もお渡ししましょう。お寺で行なう場合はお車代は不要です。ご紹介した金額は一例なので、ご親族とご相談しながら決めましょう。

のしの表書きは「御布施」、またあれば「御車代」とします。もしくはお布施の袋に入った中袋(お金を入れる白い封筒)に内訳を記載して、まとめて御布施としてお渡ししても問題ありません。

2)参列者への連絡と返礼品の準備

  • 日程と場所、僧侶の手配が完了したら、参列者へ連絡し参加するか否かのお返事をもらいます。案内状を送る時は、参加不参加の欄を印字した往復はがきで出すと良いでしょう。最終的な参列者の人数によって会場の予約や返礼品の準備などが決まってきますので、余裕をもって案内を送ることをおすすめします。
  • 参列者の人数が確定したら会食場所を決めましょう。ご自宅や会食施設、お料理屋などで行ないます。
  • 返礼品の準備を進めましょう。念のため参列者の人数よりも少し多めに用意される方も多いようです。

返礼品はどんなものが良いの?

金額も品物もご家庭によって様々ですが、お菓子やそうめんなどの食品、洗剤やタオルなどの日用品の詰め合わせ、お茶のセットなどが人気で、相場は1,500~5,000円程度が一般的です。参列者の方々へあまり気を使わせない金額のもので、持って帰る時に荷物にならないものを選びましょう。
ご関係性によって金額や返礼品を変える方もいれば、一律にしてまとめてご用意される方もいらっしゃいます。

3)提灯など盆用品の準備

初盆は特にいらっしゃるお客様が多いかと思いますので、当日あわただしくならないように、余裕をもってお盆の月の初旬から準備を進めることをおすすめします。
以下は初盆の時の準備の一例です。

  • 初盆用の白紋天や、お参りのお客様への返礼品の準備をしておく
  • 盆棚を組み立てて設置する
  • 提灯を用意し組み立てる
  • お仏壇やお墓のお掃除をする
  • ローソクやお線香など足りないものがあれば用意しておく

通常のお盆と初盆で飾るものはほとんど変わりませんが、初盆の時にだけ飾る「白紋天」という白い提灯があります。白紋天には、初めてお家に帰ってくる故人様の霊が迷わないための目印としての意味があり、軒先などに吊り下げてお飾りするのが一般的です。最近は室内の窓際などに吊り下げたり、置き型タイプのものも出てきたりと、住宅事情にあわせて飾る方も増えてきてます。

以下に白紋天の種類をいくつか紹介いたします。

吊り下げるタイプ

昔ながらの吊り下げるタイプの白紋天です。故人様が帰ってくるための目印ということで、本来は軒先や玄関先など室外にお飾りする提灯ですが、最近ではこちらもお部屋の中に飾る方が増えています。盆棚の近くや、窓のそばのカーテンレールなどに吊り下げてお飾りください。
中にローソクを入れてお使いいただくものですが、火事などの心配もあるためローソク型の電池灯で代用することをおすすめします。

スタンドタイプ

吊り下げタイプの白紋天を、形はそのままにミニチュア化し、どこにでも置けるミニスタンドとセットにしました。吊るす場所がない方や、外に掛けることに抵抗がある方におすすめです。ミニチュアといってもスタンドの部分は木製で、提灯も本格仕様の上品さがある初盆用提灯です。
電池式のローソク灯が付属していますので、中に入れてお使いください。火事の心配もなく、コードレスでお飾りいただけます。

翌年以降もお使いいただけるタイプ

小さく、また電池式のコードレスタイプなので、場所を選ばずお使いいただけます。お仏壇の横や盆棚に置いていただくことも、吊り下げてお飾りいただくことも可能です。
さらに白紋天は本来初盆のみの提灯なのですが、こちらはかわいらしい柄の入った火袋もセットになっており、お客様ご自身で付け替えていただけますので、翌年以降にもご利用いただける作りとなっております。

 

そのほか、こちらに一般的なお盆飾りの一例もご紹介します。

お盆飾りの例

お盆飾りの例
①位牌
②霊前灯
③御霊具膳
④常花
⑤火立て
⑥香炉
⑦盛器
⑧おりん
⑨牛・馬
⑩水の子
⑪みそはぎ
⑫線香差し
⑬マッチカス入れ
⑭まこも
⑮導師布団
⑯提灯
⑰ホーロク
⑱おがら
⑲掛軸十三仏

お盆飾りは地域によって変わってきますし、またお飾りをする場所も最近はリビングなど様々です。いろいろなサイズとデザインのお盆用品がございますので、お盆飾りの詳細はこちらをご覧ください。

4)お盆のご家庭へお供え物を贈る

お盆を迎えるご家庭へのお供えものは、お線香などお仏壇まわりの消耗品や絵柄の入ったお盆提灯、お菓子や果物などがあります。食べ物を贈る場合は、夏場ということもあるので賞味期限などには気を付けましょう。また宅急便で送るなら、先方が13日からのお盆に使えるよう日程に余裕をもって送りましょう。
以下に参考として、ご進物用のお線香と提灯をご紹介します。

進物線香

進物線香

ご進物用にお包みしたお線香やローソクの詰め合わせを贈ります。熨斗は初盆(もしくは新盆)のご家庭でしたら「初盆(新盆)御見舞」、もしくは「御仏前」「御供」などにすると良いでしょう。

>はせがわおすすめの贈答用品はこちら

提灯

提灯

絵柄の入った提灯を、ご親族や故人様と親しかった方から贈ることがあります。熨斗は初盆(もしくは新盆)のご家庭でしたら「初盆(新盆)御見舞」、もしくは「御仏前」「御供」などにすると良いでしょう。またお好きなサイズや絵柄の提灯を飾ってくださいという意味で、現金を贈るケースもあります。こちらも熨斗は「御提灯代」や「御佛前」「御供」などで良いでしょう。

>はせがわおすすめの提灯はこちら

初盆(新盆)におけるマナーはどういうものがあるの?

手を合わせる

 

法要や会食を行なうことが多い初盆ですが、気になるマナーを見ていきましょう。

遺族側の服装やマナー

服装は喪服が一般的です。招く側となるので、参列者よりも軽い服装にならないようにしましょう。お子様は制服があれば制服でも良いですし、制服がなければ落ち着いた服装をご用意ください。アクセサリーを付ける場合は、白またはグレーのパールのネックレスやイヤリング、ピアスが良いでしょう。

参列者の服装のマナー

基本は喪服ですが、夏の暑い時期ですし「平服で」と言っていただける場合も増えてきています。だからといってカジュアルになりすぎず、黒やグレーを基調とした落ち着いた色味のスーツやワンピースを着用し、アクセサリーを付ける場合は、白またはグレーのパールのネックレスやイヤリング、ピアスをご用意ください。

また香典について、金額に決まりはありませんが、5,000円や10,000円などが多いようです。のしの表書きは「御仏前」または「御供」とします。

初盆(新盆)の法要やお盆期間の過ごし方

盆飾り

 

さて、初盆のためにどのような準備が必要かを見てきましたが、ここからは初盆の過ごし方をご紹介していきます。

お盆の過ごし方

13日(お盆入り)

お盆の入りです。この日に盆棚の準備を始めてもかまいませんが、初盆は特にお客様やいただくお供え物も多くなりがちですので、余裕をもってお盆の月の上旬あたりから進めていただくと良いでしょう。お墓のお掃除を行ない、迎え火を焚きます。迎え火はご自宅の玄関やお庭、お墓など様々です。最近はマンションにお住まいの方も増えてきているので、火を焚かずローソクや電池灯で代用することもあります。
白紋天にも忘れず灯りを灯しましょう。

14日・15日(お盆のお中日)

お盆のお中日です。ここで法要や会食、お墓参りなどをする方が多いです。思い出す、語るということも1つの供養と言われています。ぜひ集まった方々で、たくさん思い出話をなさってください。

よくいただくご質問

Q.初盆でお集まりいただいた後に食事をする際、挨拶の言葉はどのような内容が適切でしょうか?

回答:お越しいただいた皆様への感謝と、故人様も皆様とお会いできて喜んでいることに対するお礼などが一般的です。そのほか、故人様の生前の思い出話なども添えられるとよいでしょう。

16日(お盆明け)

ご先祖様や故人様の霊をお送りします。迎え火と同様、今度は送り火を焚きます。送り火を焚いた後は盆棚の片づけをはじめても良いですが、送り火が遅い時間でしたら翌日以降に片づけても問題ありません。

初盆(新盆)が終わったら

空に向かって手を合わせる

 

初盆が終わったあとはどうすればいいのでしょうか?最後に、よくご質問をいただくお盆用品のお片付けについてご紹介いたします。

お盆用品のお片付けについて

ほとんどのお盆用品は翌年以降もお使いいただけます。盆棚や花瓶など、来年まで大切にとっておきましょう。絵柄のはいった提灯も翌年以降お使いいただけます。素材は様々ですが、特に絹でできた提灯は虫に食われやすいので、防虫剤と一緒にして保管しておくとよいでしょう。
白い提灯の白紋天のみ、初盆でしか使わないものなので、初盆が終わったら処分しましょう。

白紋天の処分方法

初盆用の白紋天はお寺様にお納めするか、送り火で一緒に燃やしてしまうのが一般的です。送り火を行なえず、お寺様にも引き取っていただけない場合は、お塩でお清めして紙に包むなどしてから、自治体の処分方法に従って処分していただいても問題ありません。

そのほかのお盆用品の処分方法

まこも(盆棚に飾るござの敷物)やナスキュウリの牛馬は、あまり長持ちするように作られていないものがほとんどです。こちらも送り火で一緒に燃やしてしまうか、お塩で軽くお清めした後に自治体の処分方法に従って処分する場合が一般的です。
ただし絶対翌年以降も同じものを使ってはいけないということはありません。最近はちりめんで出来た牛馬のように、毎年使っていただけるような商品も増えてきました。また菩提寺のお考えや地域によっても変わってくるので、不安でしたらお寺様へお尋ねすることをおすすめいたします。

はせがわでは、夏場に傷みやすいナスとキュウリの牛馬やお供え物について、オリジナルのちりめん小物としても販売しています。生ものと違って傷まないので処分の心配がなく、防虫剤と一緒に保管していただければ毎年お使いいただける人気商品です。
お仏壇や盆棚の飾りとしてだけでなく、玄関やリビングのちょっとしたスペースに飾ってもかわいらしい作りになっています。

  • ちりめんの牛馬

  • ちりめんのお供え物